ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2019年秋開業 】「リンクスウメダ」ヨドバシ梅田タワー 【35階 高さ150m 】

2019/07/23

現地「完成予想図」を撮影

ヨドバシホールディングス(東京)は、JR大阪駅北側に高さ約150mの超高層ビル「ヨドバシ梅田タワー」を建設しており、商業施設の名称を「リンクス ウメダ」と決定し2019年秋に開業させる。

現地完成予想図には、「ヨドバシカメラと全てのフロアでつながる」と記載されている。そういう意味で「リンクス」なのかもしれない、

また、「ホテル阪急レスパイア大阪(Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA)」は、阪急阪神ホテルズが運営し2019年11月27日に開業する。

 

テナントとフロア

用途 名称 規模 面積 フロア
商業施設 リンクスウメダ 約200店舗 約57,800平米 地下1階~地上8階
商業施設 リンクスウメダ ヨドバシカメラマルチメディア梅田 約34,100平米 地下2階~地上5階
ホテル ホテル阪急レスパイア大阪 1,030室 約41,500平米 地上9階~地上35階

商業施設「リンクス ウメダ(LINKS UMEDA)」は既存店舗と合計で「売場面積約57,800平米、店舗数200店舗」となる。

  • 8Fには、コミュニティ型ワークスペースの「WeWork」が開業する。
  • 地下1階には、居酒屋を集めた「横丁」・梅田地区最大級のスーパーが開業する。

 

 

2019年7月撮影

左側の既存棟の「サインボード」がネットで覆われている。しかし、完成予想図を見ると現在と同じ「Yodobashi Umeda」のままになっている。

 

2019年7月撮影

ヨドバシ梅田タワーの北側部分には、新たに「ペデストリアンデッキ」の橋脚のようのものが建設されている。

また、完成予想図では、ヨドバシ梅田タワーから新阪急ホテル側に「ペデストリアンデッキ」が描かれているが、完成時期は未定。

ヨドバシ梅田タワーの北側1Fには、観光バスなどの発着スペースが設置されるため、歩行者との動線を分離するため「ペデストリアンデッキ」を設置すると思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!