ニュース 話題 交通

【2020年夏ダイヤ】羽田発着枠 25枠(往復)を地方路線に配分へ

投稿日:


国土交通省は2019年7月19日に「羽田空港の発着枠の配分のあり方」を検討する小委員会を開催した。

羽田空港の使用許可(航空法第107条の3)は、2020年1月に5年の期限が到来する。

近年の航空機需要の変化などから、羽田空港国内線に就航中の6社から最大で25枠を回収し、「新千歳」「大阪(伊丹)」「福岡」「那覇」を除く地方路線に優先して再配分する案を有識者委員会に示した。

 

引用 国土交通省  羽田発着枠配分基準検討小委員会

http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000184.html

引用 共同通信社
https://this.kiji.is/524918334045979745?c=39546741839462401

 

羽田空港国内線発着枠の配分(2019年 国土交通省発表)

航空会社 シェア 発着枠
JAL(日本航空) 39.8% 184.5枠(往復)
ANA(全日空) 37.0% 171.5枠(往復)
スカイマーク 7.8% 36枠(往復)
ソラシド 5.4% 25枠(往復)
AIRDO 5.0% 23枠(往復)
スターフライヤー 5.0% 23枠(往復)

コメント

航空各社が就航先を自由に決定できない発着枠もある。

今回も「地方路線」に就航させるという条件が付いている。

 

また、スターフライヤーは、羽田ー関空に就航しているが、これも「羽田ー関空ー海外路線」の乗継改善という条件のために4枠(往復)が付与されたものだ。

したがって、「羽田ー関空」の4枠(往復)を他の路線に振り替えることはできない。

 

神戸空港の深夜羽田便は、羽田空港の発着枠がないことを理由に就航が発表されていない。

今回、羽田空港の発着枠が2020年春ダイヤから見直されると、神戸空港の深夜羽田便の就航が期待される。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, 交通

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.