「新型コロナワクチン」2021年2月下旬にも日本で先行接種開始か?「3種類から都道府県単位で選択して接種か?」

  • 新型コロナウイルスワクチンの接種は2020年12月からイギリスとアメリカで開始された。
  • 日本では、2021年2月下旬から約1万人に先行接種される予定。
  • 日本政府は2021年初頭からワクチン供給を受け、2021年前半までに全国民分を確保する方針。
当局の認可日接種開始製薬会社
イギリス2020年12月2日2020年12月8日ファイザー/ビオンテック
アメリカ2020年12月10日2020年12月14日ファイザー/ビオンテック
日本2021年2月下旬~2021年6月

日本での接種スケジュール

時期対象者人数
2021年2月下旬~3月上旬医療従事者への先行接種1万人
2021年3月中医療従事者・救急隊員・保健所職員300万人
2021年3月下旬~4月上旬65歳以上の高齢者3,000万人~4,000万人
2021年4月以降高齢者以外の基礎疾患のある人
基礎疾患とは?(最終的には2021年1月中に確定)
  • 慢性の呼吸器疾患
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • がん
  • BMI30以上の肥満で通院・入院をしている人
  • 2020年10月9日「BSフジLIVEプライムニュース」で、大阪大大学院の森下教授は「新型コロナワクチンは、保管方法や接種方法が異なるため、3種類のワクチンの中から都道府県単位で選択して接種する案が出ている」と発言した。
  • ワクチンは、飛行機1機で100万回分が運ばれるが、有効期限があるので、100万回分を速やかに接種する必要がある。したがって、東京、大阪、北海道など大都市から接種が始まるのではないか?(当ブログ予想)

 

日本政府が輸入予定のワクチン(当ブログまとめ)
製薬会社アストラゼネカファイザーモデルナ
ワクチン名AZD1222BNT162mRNA-1273
イギリスアメリカアメリカ
日本国内での販売・流通など
  • 原液の製造 JCRファーマ
  • 製剤や流通 第一三共、MeijiSeikaファルマ、KMバイオロジクス
武田薬品工業
接種回数1人1回~2回1人2回1人2回
日本の輸入量6,000万人分(1億2000万回分)6,000万人分(1億2000万回分)2,500万人分(5,000万回分)
保管温度-10℃-70℃-20℃
日本への供給時期2021年6月まで2021年6月まで
  • 2021年上半期に2000万人分(4,000万回)
  • 2021年7月~9月に500万人分(1,000万回)
  • 3社合計で1億4500万人分となるが、開発に完全に成功していないため、余裕を見て契約していると見られる。

 

ワクチン接種費用は全額国負担
  • 2020年12月2日「予防接種法の改正案」が国会で可決成立した。
  • これにより、新型コロナウイルスのワクチンの接種について、国が全額が負担し無料となる。また、健康被害が確認された場合も、医療費の支給を行うことになった。
  • 自治体を通じて「無料クーポン券」を配布する。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました