ニュース 話題 観光

大阪と京都に「外国語対応モデル交番」設置

外国語対応モデル交番

警察庁は2016年4月に、増加する訪日外国人への対応のために、「外国語対応モデル交番」の設置をするよう、警視庁、大阪府警、京都府警、神奈川県警、愛知県警の5府県警に要請した。

これを受け、関西では大阪府警と京都府警が「外国語対応モデル交番」を設置運用している。

 

大阪府警

関西空港署ターミナル交番を「外国語対応モデル交番」とし運用中。

 

京都府警

京都市東山区の祇園交番を「外国語対応モデル交番」とした。祇園交番は通常3人が勤務するがそのうち1人は英語を話せる警察官となる。

また、30か国に対応する翻訳アプリを入れたタブレットを用意する。さらに、スマホで読み込んで観光地までの道順を表示できる「QRコード」を用意する。

 

警視庁

歌舞伎町交番、渋谷駅前交番

 

神奈川県警

鎌倉駅前交番

 

愛知県警

名古屋駅西交番

スポンサーリンク



-ニュース 話題, 観光

error: Content is protected !!