旧国鉄が東西2分割されなかった理由 (JR北海道・九州・四国)は赤字予想なのに、なぜ民営化したのか?

JR大阪駅前(2021年3月)

1987年、旧国鉄は分割民営化されたが、JR3島会社(JR北海道・JR九州・JR四国)は当時から営業赤字予想で鉄道収入だけでは企業存続できずない状態だった。

それなのに、なぜJR3島会社も分割民営化したのか?

 

JR3島会社の経営安定化基金

JR3島会社(JR北海道・JR九州・JR四国)は、当初から営業赤字予想なので経営安定化基金(合計1.3兆円)が付与され、その運用益(当時の10年国債利回り7.3%だと年間949億円)で鉄道事業の赤字を補填する計画だった。

経営安定化基金を付与するとしても、鉄道収入だけで1人立ちできない企業を独立させたことは極めて不可解だ。

 

JR東西2社分割の場合
2020年3月期連結決算の売上高から、旧国鉄が東西の「JR東京」と「JR大阪」に2分割されたと想定して試算すると、JR大阪(JR西日本+JR東海+JR九州+JR四国)の売上高がJR東京(JR東日本+JR北海道)よりも大きくなる。
会社JR大阪(合計)(JR西日本)(JR東海)(JR九州)(JR四国)
売上高3兆8343億円1兆5082億円1兆8446億円4,326億円489億円
会社JR東京(合計)(JR東日本)(JR北海道)
売上高3兆1138億円2兆9466億円1,672億円

これが、旧国鉄が東西2社に分割されなかった原因と思われる。

つまり、JR東京がJR大阪に負けるということは、東京人としては認められなかったのだろう。

その結果、JR北海道やJR四国は分割当初から赤字予想なのに無理やり分割され、現在も赤字経営を強いられている。

そもそも、東京以北の100万人都市は仙台市と札幌市しかない。しかし、東京以西には、横浜市を除いても、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、福岡市と100万人都市が多く、鉄道利用者も多い。

そのため、旧国鉄を東西2社に分割すると、JR大阪がJR東京よりも売上高が多くなるのは当然だ。

そもそも、東京道新幹線は、電力の周波数60Hzで運行されており、JR西日本と同じなのだから、本来はJR大阪が保有すべき路線だ。

しかし、(JR西日本)と(JR東海)の2社の売上高を合計すると3兆3528億円となり、(JR東日本)の2兆9466億円を大きく上回る。

「東海道新幹線」の収益をJR西日本に渡さないために「JR東海」という鉄道収入としてはほとんど新幹線の売上しかない不自然な会社を作ったのだろう。

会社JR西JR東海JR東
運輸収入8,651億円1兆3656億円1兆7672億円
うち新幹線収入4,412億円1兆2613億円5,655億円
うち在来線収入4,239億円1,043億円1兆2017億円

東京人としては、JR西、JR東海、JR東の3分割でよかったはずだ。しかし、この3分割案だとJR東海のエリアが極端に狭くなって不自然過ぎる。

そのため、JR九州、JR四国、JR北海道も分割して、面積的にバランスが取れているように見せたのだろう。

つまり、旧国鉄分割は、東京に本社のあるJR東をJR西よりも大きくすることが絶対条件であり、そのために単独では赤字で経営できないと予想されたJR九州、JR四国、JR北海道が無理やり分割され、今も経営状態は悪く廃線危機の状態にある。

 

旧国鉄の分割民営化スキーム
1987年3月31日まで1987年4月1日以降長期債務経営安定化基金
国鉄JR東日本4.2兆円(+2.6兆円)
JR東海0.5兆円(+5.1兆円)
JR西日本1.1兆円(+0.9兆円)
JR北海道0.7兆円
JR四国0.2兆円
JR九州0.4兆円
JR貨物0.1兆円
合計5.9兆円(8.6兆円)1.3兆円

長期債務の1991年新幹線売却追加負担分、JR東(2.6兆円)、JR東海(5.1兆円)、JR西(+0.9兆円)

 

 

東海道新幹線はJR東海の範囲は60%

JR東海の営業エリア

当ブログ試算によると東海道新幹線全長551kmのうち、JR東海エリアは約62%の340kmしかなく、JR西日本やJR東日本エリアに100km以上食い込んでおり、エリア分けが不自然だ。

社名JR西日本JR東海JR東日本
区間(在来線エリア)新大阪駅~米原駅米原駅~熱海駅熱海駅~東京駅
距離約107km約340km約105km
%約19%約62%約19%
合計約551km

東海道新幹線を線路長で分割するなら、JR東海の新幹線売上は1兆2000億円から7,400億円へ約38%減少する。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました