ニュース 話題 神戸/兵庫

スパコン「京」後継機、CPU100倍 2021年稼働を目指す

スーパーコンピューター「京(けい)」出典 兵庫県

2018年10月23日、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議の専門部会は、文部科学省や理化学研究所が開発中の次世代スーパーコンピューター(通称・ポスト京)について、本格的な製造に入ることを了承した。2021年の稼働を目指す。

引用 読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/science/20181024-OYT1T50010.html?from=tw

 

スポンサーリンク


記事によると、スパコン「京」の後継機は、「京」と同じ神戸市に設置される。

中央演算処理装置CPUは、現在の「京」の100倍となるが、消費電力は3倍に抑える。

総事業費は1,300億円で、うち1,100億円は国が負担し、開発は「富士通」と「理化学研究所」が担当する。

スパコンには、「ベクトル型」と「スカラ型」があるが、現在では「スカラ型」が主流で、ポスト京も「スカラ型」に分類される。

 

スパコン「京」の反省

スパコン京のCPUは国産だが、ポスト「京」は国内で設計し、海外で製造する。

「京」は「計算速度世界一」を達成するために、102個で構成するCPUユニットを864個つなげた。

そのため、電力消費が大きく、設置面積も多くなってしまった。

その反省から、ポスト京は、実際に使用する「実用計算」の性能や省エネを意識して開発する方針。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!