ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府

近鉄「夢洲~奈良」直通運転 検討へ

近鉄は、2025年の大阪万博の会場となる夢洲(大阪市)と奈良方面を直通特急で結ぶ検討を始めた。

現在、近鉄けいはんな線は大阪メトロ中央線に乗り入れしているが、これを近鉄奈良線に接続する計画だが、大きく2つの問題点がある。

 


集電方式の違い

大阪メトロ中央線は、3本目のレールから電気を取り入れる「第三軌条方式」だが、近鉄奈良線は架線から電気を取り入れる「架線方式」と集電方式が違う。

このため、近鉄グループの車両製造会社「近畿車両」では、2つの集電方式を備えた車両を開発する検討を始めた。

 

生駒駅付近での乗り入れ

現在、近鉄けいはんな線と近鉄奈良線は生駒駅で乗り換えができるが、線路はつながっていない。

そのため、相互乗り入れするために、生駒駅付近に「渡り線」を建設して乗り入れする。

 

将来計画

将来的には、夢洲から名古屋、賢島(三重県)との直通特急の運行も可能となる。

 

コメント

2025年の大阪万博の開催期間は半年間だけなので、IR(統合型リゾート)が夢洲に決定すれば、具体的にプロジェクトが進むと予想される。

大阪メトロ中央線「コスモスクエア駅」

写真、左に3本目の給電用レールがある。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!