関西空港 2期島のLCC用第2ターミナルの拡張を検討 2030年以降国際線利用者数4,000万人

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

関西空港(筆者撮影)

関西3空港を運営する関西エアポートの山谷(やまや)佳之社長は、関西国際空港の国際線旅客数について「2025年度に初めて2500万人を超える可能性が高い」と述べた。

(中略)

2030年度以降には「4000万人を超えることも視野に入っている」とも述べた。

このため格安航空会社(LCC)向けの第2ターミナルについて、どのように拡張するか2026年以降に需要を見極めながら本格的に検討する。

引用 毎日新聞

 

 

関西空港ターミナルの処理能力

関西エアポートのリリースによると「2025年にT1とT2の合計で国際線4000万人のキャパシティー」を実現する。

関西空港の設計上の国際線処理能力はT1(1,200万人)とT2(285万人)の合計1,485万人だが、2019年の関空国際線利用者数は合計2,493万人で、設計上の処理能力よりも1,000万人も多い。

したがって「2025年 T1とT2の合計で国際線4000万人のキャパシティー」とは設計上の処理能力ではなく、実際の運用上の処理能力という意味かもしれない。

例えば、電車の車両定員が100人でも実際には乗車率150%で150人まで輸送できるということと同じかもしれない。

(当ブログまとめで100%の正確性はありません)

ターミナル名 2019年現在 T1改修後(2025年) T2拡張後(2030年以降)
T1 2,500万人

  • 国内1,300万人
  • 国際1,200万人
3,500万人

  • 国内700万人
  • 国際2,800万人
3,500万人

  • 国内700万人
  • 国際2,800万人
T2(既存棟) 835万人

  • 国内550万人
  • 国際285万人
835万人

  • 国内550万人
  • 国際285万人
T2(拡張棟) 1,000万人?
合計 3,350万人

  • 国内1,850万人
  • 国際1,485万人
4,335万人

  • 国内1,250万人
  • 国際3,085万人
5,335万人?

2019年暦年の関空利用者数は3,191万人(国内線698万人・国際線2,493万人)だった。

関西エアポートの予想では「2030年に国際線4,000万人」としている。

2025年の予想では国際線2,500万人なので2030年には国際線1,500万人増加する予想だ。

当ブログの予想では、T2の拡張規模は処理能力で1,000万人以上の拡張をすると思う。

既存のT2の処理能力は835万人なので、拡張後のT2の規模は2倍以上になると予想される。

簡単に言うと、既存のT2よりも一回り大きいターミナルビルをもう一つ建設することになると思う。

2012年に開業したT2(当初)の建設費はターミナルビル37億円、駐機場の整備費を合計85億円、2017年のT2拡張費用は100億円だった。

したがって、2030年頃のT2拡張の建設費は400億円程度ではないか?

error: Content is protected !!