クボタ 堺市堺区の33haの土地取得 700億円で2022年新開発拠点設置

さきしまコスモタワー展望台から堺方面を撮影

「農機大手」のクボタは、シャープから大阪府堺市堺区の土地33haを取得し、700億円を投資して「新開発拠点」を2022年7月下旬に竣工する予定。

拡大すると、シャープ工場(左の白い建物)の海側に遊休地がある。

 

クボタ堺新研究開発拠点の概要
名称未定
所在地大阪府堺市堺区
敷地面積330,000㎡
建屋面積140,000㎡
事業費700億円
開発内容農業機械・建設機械等の製品開発 および 先端技術開発
着工2020年9月(予定)
開所2022年7月下旬(予定)

アクセス

飛行機から筆者撮影

 

クボタは、自動運転の次世代農機の開発スピードを上げるため、現在、堺市内にある研究拠点と三重県伊賀市にある研究拠点を新拠点(堺市堺区33ha)に集約する。広大な面積を生かし試験走行コースも建設すると見られる。

 

クボタの堺市内の開発製造拠点

拠点所在地面積従業員創業
新開発拠点堺市堺区330,000㎡未定2022年7月(予定)
堺製造所堺市堺区石津北町64番地200,000㎡1,832名1937年
堺製造所臨海工場堺市西区築港新町3丁8209,872㎡505名1985年

クボタは100馬力以下の産業用小型エンジンのシェアが高いが、2020年には200馬力エンジンを投入、2023年からは300馬力の農機・産業用エンジンを生産する。

当ブログの予想では、住宅地に近い「境製造所」では100馬力以下のエンジンと200馬力エンジン、臨海工場で300馬力のエンジンを製造・開発すると思われる。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました