ニュース 話題 大阪市/大阪府

【民間団体提言】新大阪周辺整備に1兆7000億円の投資

2018/06/08

新大阪駅

鉄鋼や建設などの企業、業界団体で構成する日本プロジェクト産業協議会(中略)は13日、新大阪駅周辺の再開発を求める提言を発表した。

2037年のリニア中央新幹線の大阪延伸を控え、都市としての機能を強めて大阪の競争力を高める。想定する事業費は1兆7千億円で、建設会社などへの経済波及効果は2兆5千億円と試算する。

引用 日経新聞https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28063010T10C18A3LKA000/

スポンサーリンク


新大阪再開発提案概要

新大阪駅周辺90haを再開発エリアとし、先端産業や国際機関などの拠点として整備する。

  • 新大阪駅周辺にホテルや国際会議場を建設
  • 新大阪駅の地下にバスターミナルを建設し鉄道との乗り換えを改善
  • 新大阪駅~梅田駅の新御堂筋の地下にパイパス道路を建設
  • 淀川に新しい橋を建設し、JR大阪駅北側の「うめきた」と新大阪駅との間の人の行き来を増やす

コメント

現在、新大阪駅周辺は伊丹空港の着陸コースのため、航空法で建物の高さは海抜約130mに制限されている。

制限表面の種類

  • 延長進入表面
  • 円錐表面
  • 外側水平表面

1兆7000億円も投資するのであれば、ランドマークとして200m級の超高層ビルが必要ではないか?

しかし、伊丹空港を残したままでは、 新大阪駅上空約300mを航空機が飛行しており、騒音もある。したがって現状では、新大阪駅周辺は一級の産業集積地にはなりえないし、1兆7000億円もの投資も現実的ではない。

2027年、リニア品川~名古屋開業し、また梅田の再開発も竣工する。

伊丹空港をとるのか?新大阪駅再開発か?どちらかを選択しないといけない時期に来ている。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!