【京都府モデル】新型コロナウイルス休業要請緩和「4基準」発表

京都府の西脇知事は2020年5月12日、新型コロナウイルス特措法に基づく「休業要請」を緩和するための「4基準」を発表した。

京都モデル

項目 京都モデル基準 大阪モデル基準
新規感染者 5人未満 基準なし
感染経路の不明者 2人未満 10人未満(7日間の移動平均)
PCR検査の陽性率 7%未満 7%未満(7日間の移動平均)
重症者の病床使用率 20%未満 60%未満

京都基準では4つの項目すべてを7日連続達成すれば緩和する方針。

大阪モデルとの違いは「新規感染者5人未満」という項目を京都独自で設定した。また京都府は重病者の病床が80症しかないため重症者の使用率を20%と厳しく設定している。(ちなみに大阪府は60%未満)

error: Content is protected !!