ニュース 話題 大阪市/大阪府

【外資系コンサルタント】マッキンゼーが2018年3月、大阪に「関西オフィス」開設、2018年秋には神戸「ラーニングセンター」開設

2018/05/16

神戸に「ラーニングセンター」開設

外資系大手経営コンサルタント会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」が世界で3拠点目となる「ラーニングセンター」を新神戸に開設する。

  • 場所 新神戸ANAクラウンプラザホテル及びホテル直結のオフィスビル内のスペース
  • 住所 神戸市中央区北野町1丁目
  • 面積  約3,000平米
  • 開設時期 2018年秋頃
  • 事業内容 自社社員のトレーニング
  • 5年後には年間延べ13,000人強が利用する計画

引用 神戸市 http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/05/20180515041901.html

アクセス

 

マッキンゼー 大阪「関西オフィス」開設(2018年3月)

大阪国際ビルディング 31F(地下鉄 堺筋本町駅北西)

外資系大手経営コンサルティング会社が大阪に新拠点の新設や増強を進める動きがある。

2018年3月1日、アメリカの「マッキンゼー・アンド・カンパニー」日本支社は大阪市内に関西オフィスを新設した。1971年に東京に拠点を設けて日本に進出して以来、日本国内では2拠点目となる。

マッキンゼーの「日本支社関西オフィス」の住所は「 大阪国際ビルディング 31F」(大阪市中央区安土町2-3-13)となる。

アクセス

コメント
同じく外資系コンサルサントの「アクセンチュア」も大阪を拠点とするコンサルタントを人数を将来的に10倍に増員するため、関西オフィスの面積を5倍に増床した。

関西は製造業が多く、生産性の向上や業務の効率化に課題があるとみて顧客を開拓するという。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!