【2019年12月開業】ホテルロイヤルクラシック大阪 【難波 新歌舞伎座跡地 150室】

2018年12月

難波の旧歌舞伎座は、老朽化のため2009年に閉館、2012年に冠婚葬祭大手の「ベルコ」に売却された。

新国立競技場を設計した「隈研吾」氏が設計を担当し、19階建ホテルとして2019年10月に竣工し、2019年12月に開業する。

ホテルの低層部は、旧新歌舞伎座のファサードのデザインを継承し、その上部はホテル客室(150室)となる。

2018年12月現在、高層部のホテル部分の外観が出現した。

 

完成予想図

スポンサーリンク


ロイヤルクラシック大阪 物件概要

名称ロイヤルクラシック大阪
住居表示大阪市中央区難波4丁目3番25
用途ホテル
客室数150室
敷地面積2,292.65平米
建築面積1,893.46平米
延床面積26,493.58平米
容積率対象面積22,348.55平米
階数地上19階・地下1階
高さ85.85m
事業者ベルコ
設計隈研吾建築都市設計事務所
施工鹿島建設
着工2017年6月
竣工2019年7月15日
開業2019年12月

「東立面図」と「北立面図」

東側正面を撮影

 

「旧新歌舞伎座」の切妻屋根と唐破風のデザインも再現される。(別日に撮影)

 

低層階の様子

 

西側から撮影

 

歌舞伎座(東京 筆者 撮影)

東京の歌舞伎座も隈研吾氏設計だが、最高部は普通のオフィスビルようになっている。

しかし、「ロイヤルクラシック大阪」の最高部は「旧歌舞伎座の屋根」のようになっている。

東京の歌舞伎座は高さ145mで地上からは最高部が見えにくい。

しかし、大阪の場合は高さ約86mで地上から見えるためかもしれない。

ここに隈研吾氏のこだわりがあると思う。

フロア構成

19階チャペル、アトリウム、バーラウンジ、パーティールーム
12-18階客室150室(ダブル30平米 126室・ツイン25平米15室・スイート80平米 9室)
11階ホテルラウンジ、ホテルレセプション、レストラン
10階ブライダルサロン
9階バンケット5
8階バンケット4
7階バンケット3
6階チャペル、フォトスタジオ
5階ウェイティングルーム
4階事務室
3階バンケット1、バンケット2
2階レストラン、ラウンジ
1階エントランスロビー、テナント、カフェ
地下1階ロビー、テナント、機械式駐車場

 

低層階の外壁(銅板を貼っているように見える)

 

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました