なんば広場(南海なんば駅北側)2023年11月23日オープン 歩行者空間に整備

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

出典 南海電気鉄道

大阪市が事業主体となり官民が連携して整備を進めてきた南海なんば駅北側の「なんば広場」が2023年11月23日に供用開始された。

「なんば広場」の敷地面積は約6,000㎡で、西側にベンチを設置し、既存のクスノキに加え、四季を感じるサクラ・ケヤキを新に植栽した。

さらに、周辺環境を考慮した照度を確保するスポットライトを整備し、御堂筋と連続性を持った上質感のある舗装(擬石平板)を施工した。

横山英幸大阪市長は「米ニューヨークのタイムズスクエアのような、大阪の新しいシンボルとなることを期待している」と述べた。

北から撮影(2023年12月)

西から撮影(2023年12月)

2023年12月

民間事業者が管理を担当しており、警備員も3名~4名配置されているので自転車の駐輪はなかった。

しかし、自転車は「押歩き」することになっているが、周知徹底されず、自転車に乗ったまま通行する人も多い。

ちなみに、上の写真の左側は「喫煙所」。

2023年12月

歩道化したことにより、高級ブランドの路面店に相応しい空間になったと思う。今後、高級ブランドの路面店が新規で出店するかもしれない。

2023年12月(平和記念の像)

2023年12月

バス停の手前に「自転車道」があるので、歩行者は「自転車道」を横断してバス停に行くことになる。そのため、自転車道に注意喚起の模様を設置しているが、これで十分なのかな?

特に、海外では自転車は歩道を通行できないので、訪日外国人は自転車が歩道を通行すると思っていないことがある。

 

現地完成予想図

完成予想図には「カフェテーブル」が設置されているが、道路交通法では歩道も「道路」であり、常設のカフェテーブルは設置できない。

当ブログの理解では、この場所にカフェテーブルを設置するには、国土交通省や警察庁の許可が必要になると思う。

大阪市の職員は数十ページの資料を作って、10回~20回も東京に行って、やっと「カフェテーブル」を設置できるのだと思う。

テーブル1つを設置するために大変な事務手続きが必要であり、日本でイノベーションが起きにくいのは東京権力集中体制にあると思う。

現地完成予想図

出典 大阪市

また、「南海なんば駅北側の広場~なんさん通り」の区間については、2025年3月に歩行者空間としての整備を完了する予定。

 

今後のスケジュール

時期 内容
2023年11月23日 なんば駅前広場の整備が完成
2025年3月 なんば駅前広場~なんさん通りの整備が完成予定

 

出典 大阪市

出典 大阪市

なんば駅前広場を整備し、なんば・心斎橋エリア全体の回遊性を高める狙いがある。

 

なんさん通り

2023年11月撮影

2023年11月撮影

 

2022年11月8日の車両通行

出典 大阪市

場所 時間帯 規制内容
駅前広場 24時間 歩行者天国
なんさん通り(南北) 24時間 乗用車通行禁止(一部許可車両のみ通行)
なんさん通り(北) 午前9時~翌午前1時 歩行者天国(一部許可車両のみ通行)
午前1時~午前9時 貨物車両通行可能
なんさん通り(南) 24時間 歩車分離、貨物車両通行可能

 

error: Content is protected !!