「なにわの海の時空館」の活用、事業者「シンフォニックスリール社」に決定、2025年春から段階的に開業

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

大阪市の”負の遺産”とも言われる「なにわの海の時空館」活用についての事業者が「シンフォニックスリール社」に決定した。

「なにわの海の時空館」は2000年、総工費176億円をかけて大阪・咲洲に海洋博物館として開館した。

フランスの建築家「ポール・アンドリュー」が設計し、4200枚ものガラスが使わており、菱垣廻船「浪華丸」も展示していた。

しかし、利用者数が伸びず、累計赤字約36億円を出し、2013年に閉館した。

閉館後も、約7000万円の維持費がかかっている。

事業者「シンフォニックスリール社」は既存の建物を約6,100万円で買い取り、土地の賃料として月額198万円を支払う契約を結ぶ予定で、2025年春から段階的に開業する予定。

新施設の概要

Premium Jewelry Dome Osaka [ラグジュアリーサービス]

エントランスパーク [メディカルツーリズム]

コンセプト いのちを満たすミュージアム構想

~Premium Jewelry Dome Osaka~

所在地 大阪市住之江区南港北2丁目5番20号
新施設 「菱垣廻船」を復元した木造船を活用した体験型文化ミュージアム

メディカルツーリズムに関する施設

延床面積 20,699㎡
設計 ポール・アンドリュー
新事業者 シンフォニックスリール株式会社
建物売却額 6,100万円
土地賃料 198万円(月額)
総工費 176億円
アクセス 大阪メトロ「コスモスクエア駅」から約650m

 

error: Content is protected !!