ニュース 話題 大阪市/大阪府

【大阪城南】難波宮跡公園(北部ブロック)の整備へ

2018/02/11

大阪府と大阪市は、難波宮跡公園(北部ブロック)の整備検討に向けてマーケットサウンディング(市場調査)を実施する。

「大阪都市魅力創造戦略2020年」(大阪市計画)において、「大阪城・森之宮・大手町口の魅力度向上」は重点取組例とされている。
スポンサーリンク


難波宮跡公園一図

所在地 大阪市中央区馬場町
面積 約23,000平米
公園種別 歴史公園
用途地域 商業地域
建ぺい率 80%
容積率 600%

北部ブロックは区域Aと区域Bに分かれる。

区域A

区域A(史跡区域外)は、提案必須区域とし、民活施設の整備と園地整備の両方を提案させる。

民活施設は、休養施設、教養施設(図書館、陳列館、体験学習施設など)、便益施設に限り、情報案内機能を必ず導入させる。

具体的には、テラスカフェやガイドツアーの拠点、案内所、お土産などを販売する売店などを施設例として挙げている。

 

区域B

一部史跡区域を含む区域Bは、任意提案区域とし、民活施設の整備は不可とし、園地整備についてのみ提案を求める。

 

事業期間

事業期間は最長20年間とするが、5年間や10年間などの比較的短期間の提案も可能とする。

今回の整備計画には「南ブロック」は含まれないが、現状の基壇だけでは、観光施設としては、魅力度が低い。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!