南海電車「汐見橋駅」に行ってみた 2023年11月の現状

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2023年11月撮影 左:阪神なんば線「桜川駅 /右:南海電車「汐見橋駅」

南海電気鉄道「汐見橋駅」は、大阪市浪速区桜川三丁目にある南海電気鉄道高野線(汐見橋線)の終着駅で、1900年に「道頓堀駅」として開業し、1901に「汐見橋駅」に改称した。

2023年11月現在の運行本数は1時間当たり2本で、1日の乗降客数は約1,000人で閑散としている。

しかし、阪神なんば線「桜川駅」の地上出口に隣接しており、アクセス自体は悪くはない。

また、なにわ筋線を「汐見橋駅」に接続する計画もあったが、変更された。

2023年11月撮影(汐見橋駅舎内)

自動改札機も設置されている。

2023年11月撮影

ホームは1面2線の頭端式ホーム

2023年11月撮影

地図

施設名 南海電気鉄道「汐見橋駅」
所在地 大阪市浪速区桜川三丁目8番74号
路線名 南海電気鉄道高野線(汐見橋線)
開業 1900年に「道頓堀駅」として開業、1901年に「汐見橋駅」に改称
ホーム 1面2線(頭端式ホーム)
乗降客数 約1,000人/日

2023年11月撮影

地下には、阪神なんば線「桜川駅」がある。

error: Content is protected !!