政府 大阪と福岡に外資系金融機関を誘致、国際金融センター(拠点)を目指す

2020年8月18日、政府が大阪を中心とする関西圏と福岡県への外資系金融機関の誘致を強化する方針を固めた。

香港国家安全維持法が成立し香港から外資系金融機関が流出する可能性があり、その受け皿とする狙いがあると思われる。

引用参照 https://www.47news.jp/news/5152421.html

 

コメント

国際金融の拠点としては、東京の方が適しているがなぜ「大阪(関西)」と「福岡」なのか?

  • 記事では、政府は東京を国際金融センターとすることを目指してきたが、新型コロナウイルス感染拡大や災害を考慮してリスク分散のため方針を転換したとされる。2020年9月末に締め切る2021年度予算の概算要求に関連事業費を盛り込む。
  • 2020年3月のイギリスのシンクタンクによる「国際金融センター指数」は、ロンドン742点、東京741点、上海740点となっている。
  • 現実的には、外資系金融機関にとっては、東京の方がビジネスをしやすい。したがって、日本政府の意向にかかわらず、外資系金融機関は東京に拠点を移したり、拡張したりすると思われる。あえて日本政府が東京への誘致を言うこともないのかもしれない。

 

バックオフィス的拠点か?

  • 東京の災害リスクからバックオフィス的拠点を「大阪(関西)」と「福岡」に設置するのかもしれない。
  • 例えば、ニューヨークの大手金融機関は9.11以降テロに備えてバックオフィスを、隣接するニュージャージー州に設置してる。
  • ただ、ニューヨークとニュージャージーの位置関係は東京と横浜のようなもので、「大阪(関西)」と「福岡」はやや離れている。

 

香港から上海への移転を予想しているのか?

  • 中国政府は香港から上海へ外資系金融機関を移転させようとしている。
  • その上海に近い「大阪(関西)」と「福岡」に国際金融拠点を設置するのか?
都市距離
上海那覇800km
福岡900km
大阪1,400km
東京1,800km

 

「週刊新潮」の記事
  • 菅官房長官が小池都知事が嫌いだから、東京を外しをした?
  • 統合型リゾート(IR)の遅れから、官房長官と関係の深い「日本維新の会」への「土産」?
  • ポスト安倍を狙う菅官房長官が、福岡を地盤とする「麻生氏」に配慮した?

 

まとめ

外資系金融機関が日本をアジアの第一拠点とする可能性は低いと思う。

というのは、外資系金融機関のアジア支店長なら年収1億円以上は確実で、大手なら年収10億円も珍しくない。

日本の場合、所得税と住民税の合計で55%課税されるので、年収10億円でも課税後4億5000万円になる。

しかし、シンガポールは所得税は22%なので、同じ年収10億円で試算すると課税後7億8000万円になる。しかも、シンガポールでは株式の売買益(キャピタルゲイン)は非課税になっている。

これでは、誰が考えても日本に拠点を置こうと思うはずもない。もし、日本に拠点を置くとしても、年収2,000万円以下の人材を中心に配置したアジア第二拠点となるのではないか?

ただ、大阪が国際金融センターになるチャンスは1%でもあるのだから、それに備えて準備することは必要なことだ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました