大阪府警察本部「曽根崎警察署」建替 2030年度完成(JR大阪駅・大阪メトロ東梅田駅)

大阪府警察本部は、JR大阪駅近くの「曽根崎警察署」を現在地で建替をする。
「曽根崎警察署」は、1973年竣工で築50年と老朽化が進んでいる。
スキーム
まず仮庁舎を建設し、その後、現庁舎を解体・新庁舎を2030年度までに新築完成させる。その後仮庁舎を解体する。
2023年度当初予算案編成で、約4,000万円の基本計画策定費を要求している。
参照 日刊建設工業新聞 https://www.decn.co.jp/?p=149552
地図
曽根崎警察署 概要
名称大阪府警察本部「曽根崎警察署」
所在地大阪市北区曽根崎2-16-14
敷地面積約1,000㎡(当ブログ推定)
延床面積13,477㎡
高さ49m
階数地上11階建・地下3階建
構造鉄骨鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造・鉄筋コンクリート造
竣工1973年5月
容積率1,000%(当ブログ調べ)
建ぺい率80%(当ブログ調べ)
アクセスJR大阪駅、大阪メトロ「東梅田駅」からすぐ
スケジュール
内容
2023年度予算案計上と予算議決
2024年度~2025年度仮庁舎の設計・新築工事
2024年度~2026年度新庁舎設計
2026年度~2030年度現庁舎撤去工事・新庁舎新築工事
2031年度仮庁舎撤去
error:Content is protected !!