ニュース 話題

神戸ポートアイランドに兵庫県初の「ラウンドアバウト」ができた

2017/12/29

2017年12月26日、兵庫県内初となる「ラウンドアバウト(環状交差点)」が神戸 ポートアイランドのポートライナー「京コンピュータ前」駅の北側にできた。

スポンサーリンク


「ラウンドアバウト(環状交差点)」とは?

交通量の少ない交差点では、信号が設置されず、交通事故が多かった。

十字で交差する場合、優先道路を通行する車両の速度が速くなる傾向にあった。

しかし、ラウンドアバウト(環状交差点)では、すべての方向の車両は、環状交差点に進入する場合、減速することになり、交通事故が減少すると期待されている。

 

「ラウンドアバウト(環状交差点)」の通行方法

環状に走行する車両に優先権がある。

したがって、「ラウンドアバウト(環状交差点)」に進入する車両が、環状に走行する車両に道を譲らなければならない。

環状交差点は時計回りに走行する。

 

なぜ、ポートアイランドに設置?

兵庫県では、交通事故が多発しており、そのため、ラウンドアバウト(環状交差点)を導入し、交通事故を減少させようとしている。

本来は交通量の少ない郊外に設置されるが、兵庫県内初ということで、試験的にポートアイランドに設置されたと思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題

error: Content is protected !!