ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋(352室)2020年3月16日開業 【オービック御堂筋ビル 高さ約116m】

2020年1月(南東から撮影)

独立系システムインテグレーターの「オービック」(東京)は大阪市中央区の御堂筋沿いに「オービック御堂筋ビル」(高さ約116m 25階建)を建設、2020年1月31日に竣工する予定。

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」から南へ徒歩3分。

設計・施工は鹿島建設が担当する。

高層階(15階~25階)には、三菱地所系の「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋(352室)」が2020年3月16日に開業する。

また、低層階(3階~13階)はオフィスとなる。

 

2020年1月(南面を撮影)

 

完成予想図

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋

2020年1月(南から撮影)

 

2020年1月(北側低層階を撮影)

北側には「御霊神社(ごりょう)」への参道のようになっている。

 

御堂筋側エントランス

フロア構成

フロア 施設
25F 客室(エグゼクティブ)・エグゼクティブラウンジ
24F 客室(エグゼクティブ)・ジム
23F 客室(スタンダード)・ジム・コインランドリー
16F-22F 客室(スタンダード)
15F ホテルロビー・レストラン・バー
14F 設備室
3F-13F オフイス
2F 多目的ホール・貸会議室
1F エントランス・カフェなど6店舗

フロア 店舗
1F ドトールコーヒーショップ
美々卯
鉄板焼 リオ
寿司 藤やま
15F THE BLINK (オールデイダイニング)
THE BAR

1階には、カフェなど6店舗、15階にはレストランとバーが入居する

 

2020年1月(南西から撮影)

 

2020年1月(南西低層階を撮影)

ホテル西側に駐車場の入り口がある。

 

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋

「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック(ICONIC)」は、プレミアム宿泊主体型ホテル「THEシリーズ」のフラッグシップホテルブランドで、「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」が初出店となる。

ホテル客室面積はスタンダードツイン(26平米)で、一般的なビジネスホテルよりも広く、ロイヤルパークホテルの旗艦店(フラッグシップ店)にふさわしい設備となる。

また、24階と25階はエグゼクティブフロアで、25階(最上階)に宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設置する。

 

15階 ホテルロビー

ロイヤルパークホテルズのホテルブランド

ホテルブランド 内容
ロイヤルパークホテル フルサービス型
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック プレミアム宿泊主体型
ザ ロイヤルパークホテル 宿泊主体型
ザ ロイヤルパーク キャンバス 宿泊主体型

ロイヤルパークホテルズが2011年に新たに開発した「THEシリーズ」の「THE」のログマーク。

 

スポンサーリンク


オービック御堂筋ビル 物件概要

名称 オービック御堂筋ビル
住所 大阪市中央区平野町四丁目
用途 事務所・ホテル・ホール(集会場)
敷地面積 3,924.19平米
建築面積 3,108.97平米
延床面積 55,526.73平米
容積率対象面積 48,914.63平米
階数 地上25階・地下2階・塔屋2階
高さ 116.35m
客室数 352室
ホテル面積 15,523.61平米
ホテルフロア 15階~25階
構造 鉄骨造・ 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
事業主 オービック
設計・施工 鹿島建設
着工 2017年5月1日
竣工 2020年1月31日

現地立面図を撮影

 

配置図

BIM

施工を担当する「鹿島」は、建物の3Dモデルとデータベースを融合させたシステム「BIM」を導入している。

従来は、建物が竣工前に、機械式駐車場装置を納まり具合を調整していたが、BIMにより設計・施工段階でそれらを確認できるようになった。

さらにVR技術を活用し、建設現場で配管の位置などを確認でき、現場加工により発生するゴミが少なくクリーンな建設現場となっている。

引用 鹿島建設

KAJIMAダイジェスト:May-2019
特集 建築の生産プロセスを変革する「鹿島スマート生産ビジョン」

 

アクセス

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」と「本町駅」の中間で、ガスビルの南側。

error: Content is protected !!