三井不動産「(仮称)ららぽーと美原」2022年3月開業【大阪府堺市黒山東計画】

出典 堺市

三井不動産は大阪府堺市美原区に「ららぽーと美原(仮称)」を2022年3月に開業する。三井不動産のIRでは「大阪府堺市黒山東計画」とされている物件で、商業施設の規模は敷地面積92,000㎡、地上4階建て・専用面積は50,000㎡・供用面積+後方諸施設面積42,000㎡となる。

当ブログの解釈では「専用面積50,000㎡」には店舗、レストラン、サービス業が含まれ、供用面積+後方諸施設面積42,000㎡には共用通路などが含まれる。

年間来店者数は1,300万人の想定で、客単価2,000円とすれば年商260億円となる。立地場所は堺市中心部から南東で、堺市美原区(4万人)、松原市(12万人)、羽曳野市(11万人)、富田林市(11万人)、大阪狭山市(6万人)など合計44万人の商圏から集客できると思われる。

しかし、一般的にショッピングセンターの商圏人口は50万人と言われるので、44万人はやや少ない。したがって、上記の各市より広域から集客する必要がある。また、近年、ネット通販が売上を伸ばしており、郊外型SCは苦戦している。したがって、ネット通販にはない体験型の施設を幅広く出店させる必要があると思う。

 

出典 三井不動産

出典 堺市

日刊建設工業新聞よると「国道309号線沿いにあり、阪和自動車道美原南インターチェンジに近い場所」となる。立体駐車場は2棟(A棟6階7層1,470台・B棟3階4層250台)で、その他店舗屋上や平面駐車場も含め駐車台数は合計3,200台となる。

参考・引用

(仮称)ららぽーと美原 物件概要
施設名(仮称)ららぽーと美原
所在地大阪府堺市美原区黒山
敷地面積92,000㎡(開発区域面積84,000㎡)
建築面積約33,000㎡(駐車場を除く)
延床面積約92,000㎡(駐車場を除く)「うち専用面積50,000㎡+供用面積42,000㎡」
階数地上4階
高さ30.5m
駐車場約3,200台
年間来場者想定約1,300万人
施工
竣工2022年3月

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました