ニュース 話題 大阪市/大阪府

大阪梅田「コーワビジョン」設置、JR大阪環状線ホームドア設置始まる

2019年10月

JR大阪駅の近く、新阪急ホテルに隣接するビルの屋外広告「コーワビジョン」が設置され稼働(テスト放映)している。

 

雑踏の中ではっきりしないが「音声」も出ていたような気がする。

写真を拡大すると、左上の「テスト放映中」と表示されている上にスピーカーのようなものが2つ設置されている。

 

JR大阪駅構内のデジタルサイネージ

大阪メトロのデジタルサイネージと比較すると2倍くらいの大きさで、見た瞬間「でっか」と思う。

 

JR大阪駅環状線(内回り)ホームにホームドアの設置が始まったが、2020年春に稼働予定とかなり時間がある。

  • 大阪環状線(1・2番のりば)
  • 長さ         各160m
  • 高さ           1.3m
  • 最大開口     3.5m
  • 使用開始     2020年春

 

JR大阪駅環状線(内回り)

コメント

JR京橋駅の3番のりば(大阪駅行 内回り)にはすでに、ホームドアが稼働している。そのため、JR大阪駅でも内回りの方からホームドアに対応する慣熟運転をするのかもしれない。

JR京橋駅でホームドアの開閉時間を計測したら、「開く5秒」+「閉じる5秒」+「タイムラグ2~3秒」でトータル「12秒~13秒」かかっていた。

タイムラグとは、ホームドアが閉まってから、電車のドアが閉まり始めるまでの時間のこと。

ホームドアを設置することで、列車の運行時間が遅くなる可能性もあるが、安全性の観点からやむ負えないと思う。

無理な乗車がなくなり、逆にダイヤ通りに運行できる可能性もある。

 

SNSフォローのお願い

ブログに書いていない情報もツイッターで書いています。

https://twitter.com/KansaiSanpo?lang=ja

フォローしてくれると、大変うれしいです。(^^

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!