【沖縄】ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 建替へ【早ければ2021年に着工 2030年頃完成か?】

西側から撮影

沖縄県恩納村のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートが、ホテル増築と既存ホテル棟の解体を検討している。

現在のホテル棟は1983年開業で、築約40年が経過しており、2030年頃にはホテルの耐用年数の約50年を迎える。

そこで、早ければ2021年に着工し、新しく3棟の宿泊施設を10年かけて段階的に建設する。その後、既存のホテル棟を解体する予定。

 

東側(名護湾)を撮影

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、岬に建設されており、東側も西側もオシャンビューという恵まれた立地で、敷地面積も広い。

しかし、写真奥に、ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄が2018年に開業した。当ホテルの客室のほとんどは客室面積32㎡で最近開業した高級ホテルの客室面積40㎡~50㎡と比較するとやや狭い。

現在のホテル棟の東側(名護湾側)にはチャペルと駐車場があるだけなので、ここにクラブルーム(75室)地上7階を建設するのではないか?

眺望もよく、クラブルームということなので、かなり高級ホテルになると思われる。もしかしたら客室単価3万円~5万円以上かもしれない。

 

新しい3棟の宿泊施設(予想)

ホテルタイプ(棟)客室数階数立地予想
クラブルーム75室地上7階岬の先端部(名護湾側か?)
ヴィラ棟11棟地上1階岬の中間
宿泊棟150室地上8階内陸側(国道58号線)側

3棟の合計客室数は236室で、現在の400室よりも客室数が減少する。これはクラブルームやヴィラなど客室面積が広い客室が多くなるためと予想される。

個人的な予想では、まず国道58号線に近い「宿泊棟(150室)地上8階」と「ヴィラ棟(11棟)」を建設し、既存棟の東側(名護湾側)に「クラブルーム(地上7階)」を建設するのではないか?

 

現在、国定公園内に立地しているため「ホテル新築」の開発許可がとりにくく、形式的に「新築」ではなく「増築」で申請するのではないか?また、現在のホテル棟は地上9階建で「新築棟」はこれよりも高くしない方針と思われる。
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート建替計画
名称ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート建替計画
所在地沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地
(新築)客室数宿泊棟(150室)地上8階
ヴィラ棟(11室)地上1階
クラブルーム(75室)地上7階
合計236室
(既存)客室数400室
階数地上9階(既存)
構造鉄筋コンクリート造(既存)
経営権(現在)ザ・ホテリエ・グループ(シンガポール)・(パノラマ・ホテルズ・ワンから経営譲渡)
発注者沖縄全日空リゾート
設計観光企画設計社
施工清水建設
開業1983年

 

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました