コラム 小説 ニュース 話題

新型コロナウイルスは「ACE2受容体」から体内に侵入する【ACE受容体に関係する食品】

更新日:

新型コロナウイルスは、ウイルス表面に発現しているスパイク(S)蛋白質が、ヒト細胞上のアンジオテンシン変換酵素II(ACE2)受容体に結合することで、ヒトの細胞質内へ侵入、感染すると考えられている。

引用 日経BP

ちょっと難しいのですが、新型コロナウイルスのとげ(スパイク)が、人体の中にある酵素「ACE2受容体」と結合することで「感染する」という意味だと思う。

したがって「とげ(スパイク)」と「ACE2受容体」が結合しないようにすれば「感染」を防げる。

 

ACE2受容体阻害薬

新型コロナウイルスの外膜のスパイクと人体のACE2受容体の結合を阻止する阻害薬が治療薬として有望視されている。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスSARS-CoV-2の感染の最初の段階であるウイルス外膜と、感染する細胞の細胞膜との融合を阻止することで、ウイルスの侵入過程を効率的に阻止する可能性がある薬剤としてナファモスタット(Nafamostat mesylate、商品名フサン)を同定した。

引用 東京大学医科学研究所

コメント

新型コロナウイルス肺炎の治療薬は、ウイルス外膜のスパイクを封じ込める「抗体」と「ACE2受容体」との結合を阻止する阻害薬の2種類があると思う。

「抗体」型治療薬は「新型コロナウイルス株」がないと実験できないが、「ACE2受容体」阻害薬であれば「新型コロナウイルス株」がなくてもある程度開発ができると思う。

また、ACE受容体が変換してACE2受容体になるが、この変換を阻害することにより「感染」を防げると思われる。

実は、ACE受容体の変換を阻害することにより高血圧を防ぐ食品が特定保健食品(トクホ)として認められている。

逆に言うと「高血圧を抑える」食材は、ACE受容体の変換を阻害するものがある。

また、「ACE受容体」は「高血圧」と関係があるとされるので基礎疾患の中でも「高血圧」の人は新型コロナウイルスに感染・重症化しやすい可能性がある。

「新型コロナ、高血圧の患者で死亡リスク高め」-中国人専門医が指摘

引用 Bloomber News

 

ACE受容体に関係すると思われる食品(当ブログ調べ)

海藻(ワカメ、海苔、昆布、ひじき、あおさ)
大豆(豆腐、納豆、味噌、しょうゆ)
ごま
いわし(サーデンペプチド)、鰹節、マグロ
ブロッコリー
緑茶、紅茶
そば
にんにく
牛乳ラクトフェリン
ローヤルゼリー
オリーブオイル
酒粕

 

日本人はACE2受容体が多い

日本人にACE2受容体が多いことから、新型コロナウイルスに最も感染しやすいとの仮説がある。しかし、ACE2受容体は日本人が海藻などを古来から食してきたことから多くなったのであり、海藻などを食べるとACE2受容体の入り口が塞がれて逆に感染しにくいとの反論がでてきた。

 

沖縄食材

沖縄は北海道と同じく訪日外国人が多いが、沖縄の新型コロナウイルス感染者は3人と少ない。

沖縄では「もずく」「豆腐チャンプルー」を食べ「1人当たり鰹節消費量」は全国1位となっている。

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.