ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2019年】G20サミット 大阪開催決定 福岡が落選した理由

2019/06/29

セントレジスホテル大阪(御堂筋)

2019年6月に日本で初めて開催される「主要20か国首脳会議」(G20サミット)は、大阪市で開催することに決定した。

「G20サミット」開催のためには、スイートルーム(500室)を含む約3万室のホテル客室が必要とされる。

しかし、福岡市内のホテル客室数は合計2万6000室で、スイートルームの客室数も不足していたため、今回の開催は見送られた。

スポンサーリンク


福岡市開催浮上の理由

当初は、開催地を大阪市とすることで調整していたが、2025年の国際博覧会(万博)と国際的行事が大阪で重なることから、福岡市の開催が浮上してきた。

福岡市には、各国首脳が宿泊する「スイートルーム」が不足しているが、既存ホテルを改装して対応する方針だった。

 

コメント

福岡市の既存ホテルを改装した「スイートルーム」で本当に対応できるのか?

ANAクラウンプラザホテル(福岡市)の「クラブルーム(スイートルーム)」に宿泊したことがあるので写真をアップします。

ANAクラウンプラザホテル福岡・クラブデラックスツインルーム(スイートルーム)

客室は約45平米でスイートルームとしては一般的な広さだが、2つの客室を1室に改装したような感じで、水回りなど使い勝手が悪い。

一般人が宿泊する「スイートルーム」としては、いいホテルだが、首脳クラスが宿泊して、満足するのだろうか?

 

ザ・リッツ・カールトン大阪(コーナースイートルーム)

「ザ・リッツ・カールトン大阪」のスイートルームは、最初から「スイートルーム」として設計されているので、各国の首脳が宿泊しても満足すると思う。

 

大阪のスイートルームのあるホテル

  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • コンラッド大阪
  • インターコンチネンタルホテル大阪
  • セントレジスホテル大阪
  • ウェスティンホテル大阪
  • 大阪マリオット都ホテル
  • 帝国ホテル大阪
  • ホテル日航大阪
  • ヒルトン大阪
  • スイスホテル南海大阪
  • ホテルニューオータニ大阪
  • ホテル阪急インターナショナル
  • リーガロイヤルホテル

どのホテルも、G20の首脳や随行員が宿泊するのにふさわしいホテルだ。

福岡は一般人が旅行するのには非常にいい都市だが、各国首脳や高級官僚1,000人以上が宿泊できる都市ではない。

福岡と大阪のスイートルームの差は一般人が宿泊しても分かるくらいのレベルの差がある。大阪の方が圧倒的にG20サミットの開催地にふさわしい。

 

 

高級ホテルのサービス

記念日や趣味なども顧客情報として蓄積し、社内で共有するなどIT(情報技術)を活用する。

例えば、記念日には客室担当者がお祝いのメッセージを用意したり、レストランの担当者が特別メニューを準備したりする。

データに基づいてきめ細かくもてなし、富裕層らのリピート客を取り込み、満足度も高める。

引用 日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HKG_Y5A400C1000000/

G20に出席する各国首脳は世界的高級ホテルチェーンに宿泊したことがあると思われる。

したがって、高級ホテルチェーンは、顧客の「料理の好み」、「ミネラルウォーターの銘柄」まで把握している。

各国首脳は、そういう対応が当然と思っているのに、福岡のホテルでそういう対応ができないと、日本に対しての満足度が下がることになる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!