ニュース 話題 神戸/兵庫

【2021年秋開業】姫路市文化コンベンションセンター【兵庫県】

2018/12/20

姫路市文化コンベンションセンター(出典 姫路市)

姫路市は2021年秋のオープンを目標に、JR姫路駅東側に「2,000席の大ホール、中小ホールや4,000平米の展示場」などの持つ「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター」を建設する。

2018年10月19日に起工式を行った。建設費は約245億円となる。

大ホールと中ホールの緞帳(どんちょう)は、姫路市出身のデザイナー高田賢三さんがデザインをし、大ホール用の緞帳製作費5,000万円は地元企業「グーローリー(貨幣処理機製造)」が姫路市に寄付をする。

 

出典 姫路市

スポンサーリンク


JR姫路駅東の建設予定地(2018年4月)

JR姫路駅東口から長さ700mの通路を建設し「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター」と連絡する。

この通路の途中に「(仮称)キャスティ21公園」を建設し、姫路市文化コンベンションセンターとの通路と一体開発する。

「(仮称)キャスティ21公園」の完成予想図(出典 神戸市)

 

(仮称)姫路市文化コンベンションセンター 物件概要

  • 大ホール 約2,000席
  • 中ホール 約700席
  • 小ホール 約180席
  • 屋内展示場  約4,000平米
  • 屋外展示場  約1,600平米

出典 姫路市

 

大ホール(2,000席)の完成予想図(出典 姫路市)

 

中ホール(700席)の完成予想図(出典 姫路市)

 

小ホール(180席)の完成予想図(出典 姫路市)

 

2018年4月撮影

JR線路の南から見て、写真の右奥に「姫路市文化コンベンションセンター」が建設され、写真の左奥に「キャスティ21公園」が建設される。

出典 姫路市

アクセス

コメント

JR姫路駅の北側は商業施設「ピオレ姫路」や「ホテルモントレ姫路」が建設されて、ほぼ再開発が完成している。

今回の「姫路市文化コンベンションセンター」が開業すれば、JR姫路駅東側の再開発が進むと見られる。

実際に、現地に行くと、JR姫路駅から東側は高架下に駐車場があるだけで、殺風景だった。

規模的には西宮市の「兵庫県立芸術文化センター」(大ホール 2,001席、中ホール 800席、小ホール400席)とほぼ同じとなるが、姫路市文化コンベンションセンターは「4,000平米の展示場」を併設する点が異なる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!