「難波宮跡公園(北部ブロック)整備運営事業者」及び「難波宮跡(南部ブロック)管理運営事業者」、NTT都市開発(東京)グループに決定

出典 大阪市

大阪府と大阪市は、2050年の難波宮跡遷都1400年に向け、国指定史跡の「難波宮跡附法円坂遺跡」の保存活用を図るため、整備・運営事業者の募集していた。

2022年8月4日、「難波宮跡公園(北部ブロック)整備運営事業者」及び「難波宮跡(南部ブロック)管理運営事業者」として、NTT都市開発(東京)を代表構成員とするグループ【難波宮跡公園「みんなのにわ」プロジェクト】に決定した。

北ブロック(出典 大阪市)北西から

北ブロック(出典 大阪市)南から

北ブロック(出典 大阪市)南西からか?

難波宮跡公園(北部ブロック)整備運営事業

名称難波宮跡公園(北部ブロック)整備運営事業
所在地大阪市中央区馬場町
面積約23,000㎡
事業者
  • 難波宮跡公園「みんなのにわ」プロジェクト
  • 代表構成員「NTT都市開発株式会社」
  • 構成員「NTTアーバンバリューサポート株式会社」
  • 構成員「株式会社NTTファシリティーズ」
公園種別歴史公園
用途地域商業地域
建ぺい率80%
容積率600%

以下は過去資料

難波宮跡公園一図

北部ブロックは区域Aと区域Bに分かれる。

区域A

区域A(史跡区域外)は、提案必須区域とし、民活施設の整備と園地整備の両方を提案させる。

民活施設は、休養施設、教養施設(図書館、陳列館、体験学習施設など)、便益施設に限り、情報案内機能を必ず導入させる。

具体的には、テラスカフェやガイドツアーの拠点、案内所、お土産などを販売する売店などを施設例として挙げている。

 

区域B

一部史跡区域を含む区域Bは、任意提案区域とし、民活施設の整備は不可とし、園地整備についてのみ提案を求める。

 

事業期間

事業期間は最長20年間とするが、5年間や10年間などの比較的短期間の提案も可能とする。

今回の整備計画には「南ブロック」は含まれないが、現状の基壇だけでは、観光施設としては、魅力度が低い。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました