2019年3月16日開業「JRおおさか東線」新駅名決定「南吹田」「JR淡路」「城北公園通」「JR野江」

おおさか東線「路線図」(出典 大阪府 加工)

JR西日本は、2019年3月16日に、おおさか東線の北区間(放出~新大阪)11.1kmを開業する。これに伴い、新に4つの駅が開業する。

 

「おおさか東線」新駅

駅名駅間距離他社接続線
(新大阪駅)新幹線・大阪メトロ御堂筋線
(2.0km)
南吹田駅(吹田市南吹田)
(1.3km)
JR淡路駅(大阪市東淀川区)阪急電鉄京都線・大阪市営地下鉄
(2.1km)
城北公園通駅(大阪市旭区)
(2.2km)
JR野江駅(大阪市城東区)京阪電車・野江駅まで約100m
(1.8km)
(鴫野駅)大阪メトロ今里線
(1.7km)
(放出駅)

4つの途中駅の構造はすべて「相対式ホーム2面 8両編成対応」となる。

スポンサーリンク


開業時期

開業予定は2019年春(平成31年春)とされる。

2023年には、新大阪駅から南下し、北梅田駅(仮称)に接続する予定で、現在「うめきた2期」用地では東海道支線地下化工事が実施されている。

区間距離開業年
南区間(久宝寺ー放出)9.2km2012年開業済
北区間(放出ー新大阪)11.1km2019年3月16日開業
北梅田駅(仮称)乗り入れ4km2023年開業予定

 

南吹田駅(2019年1月撮影)

 

 

JR淡路駅(2019年3月撮影)

 

 

城北公園通駅(2019年3月撮影)

 

 

JR野江駅(2019年2月撮影)

スポンサーリンク



コメント

地図だけ見ていると、「おおさか東線」をなぜ建設するのかよくわからなかった。

しかし、現地に行ってみると、最寄り駅まで徒歩20分~30分と駅から遠いために、倉庫などが多い場所だった。

この「おおさか東線」が2023年に北梅田駅までの乗り入れると、JR大阪駅まで電車で10分以内という好立地になる。

今後、マンション、ホテル、オフイスなどの再開発が期待でき、JR西日本にとっても沿線人口の拡大により鉄道収入の増加につながる可能性が大きい。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました