【北大阪急行延伸】千里中央駅~箕面萱野駅(約2.5km)2024年3月23日開業(梅田駅~箕面萱野駅480円)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

箕面萱野駅(出典箕面市)

北大阪急行電鉄と大阪府箕面市は2023年8月23日、北大阪急行南北線延伸線(千里中央駅~箕面萱野駅・約2.5km)を2024年3月23日に開業すると発表した。

北大阪急行線延伸事業は、千里中央駅から北へ約2.5km延伸し、「箕面船場阪大前駅(途中駅)」と「箕面萱野駅(終点)」の2つの新駅を建設するもの。

すでに、国交省近畿運輸局は北大阪急行南北線延伸線について2023年8月9日に認可している。

 

運賃

梅田駅=箕面萱野駅:480円

 

所要時間

梅田駅=箕面萱野駅:24分

 

総事業費

総事業費は650億円(工事費600億円・車両費50億円)だったが、874億円に増額された。

また、当初計画では2020年度開業だったが、用地買収の遅れなどから2024年3月23日に延期されていた。

 

延伸後の路線長

北大阪急行の営業区間は現在の「江坂駅」から「千里中央駅」までの5.9kmから、2.5km延伸され「江坂駅」から「箕面萱野駅」までの8.4kmとなる。

 

運賃(2024年3月23日開業時)

梅田駅=箕面萱野駅     :480円

千里中央駅=箕面萱野駅   :190円

千里中央駅=箕面船場阪大前駅:160円

江坂駅=箕面萱野駅     :240円

  • 2kmまで   :100円(現在)
  • 4kmまで   :130円(現在)
  • 6kmまで   :140円(現在)
  • 6km~8km  :160円(新規)
  • 8km~10km  :180円(新規)

但し、延伸区間については、加算運賃60円が割増しになる。

 

所要時間

完成すると、梅田駅~箕面萱野駅の所要時間は24分となる予定。

 

出典 箕面市

北大阪急行延伸 概要

延伸区間千里中央駅~箕面萱野駅
延伸区間約2.5km
設置予定駅箕面船場阪大前駅:大阪府箕面市船場東3丁目付近(地下駅)

1日の利用客数予想(1万6000人)

箕面萱野駅:大阪府箕面市西宿1丁目付近(高架駅)

1日の利用客数予想(2万5000人)

主な構造形式千里中央駅~箕面船場阪大前駅間 :シールドトンネル、開削トンネル
箕面船場阪大前駅:開削トンネル
箕面船場阪大前駅~箕面萱野駅間:開削トンネル、高架構造
箕面萱野駅:高架構造
開業日2024年3月23日
事業費874億円
整備主体北大阪急行電鉄及び箕面市
営業主体北大阪急行電鉄

 

出典 北大阪急行電鉄

千里中央駅←1.2km→箕面船場阪大前駅←1.3km→箕面萱野駅

 

箕面萱野駅

2022年5月(箕面萱野駅から南を撮影)

 

箕面萱野駅(完成予想パース)

2022年5月(北向きに撮影)

駅構造(現地案内図・南から見た図)

出典 東急不動産(当ブログで加工)

「箕面萱野駅ビル」は2024年3月完成予定で、その1階は「ピロティー」になっておりバスターミナルが設置される。

雨に濡れずに「バス⇔鉄道」の乗換えができるようになると思われる。

2022年5月(北東から撮影)

出典 東急不動産

「箕面萱野駅ビル」には、「子育て」を核とした施設を設置する予定で、共働き世帯に対応する。

地図

出典 箕面市

「箕面萱野駅」は、みのおキューズモール(AEON)の南側に設置される。

箕面萱野駅北改札口 予定地(2F)

現地完成予想図

 

コメント

「箕面萱野駅」が完成すると、周辺地域、例えば彩都などの住宅地からバスで「箕面萱野駅」に行き、「北大阪急行」に乗換て大阪市内に通勤できるようになると思われる。

大阪市内へのアクセスが改善されることにより、箕面市全体で再開発が加速すると思われる。

 

箕面萱野駅~箕面船場阪大前駅

2022年5月(北から撮影)

2022年5月(国道176号線と新御堂筋の交差点)

2022年5月(南方向を撮影・右は新御堂筋)

「箕面萱野駅~箕面船場阪大前駅」間は高架線路で、箕面船場阪大前駅の手前でトンネルに入る。

2022年5月(高架からトンネルに入る部分)

 

箕面船場阪大前駅

「箕面船場阪大前駅(地下駅)」2022年5月(北西から撮影)

「箕面船場阪大前駅」は、国道423号(新御堂筋)の側道の地下に建設され、地下3Fがプラットホーム、地下1階に改札が設置される。

「箕面船場阪大前駅(地下駅)」2022年5月(南西から撮影)

出典 箕面市

2022年5月(西から撮影)

「箕面船場阪大前駅」は、国道423号(新御堂筋)の側道の地下3Fにプラットホーム、地下1階に改札が設置される。

箕面船場阪大前駅の東側に、「大阪大学箕面キャンパス」「箕面市立芸術文化劇場」「図書館 生涯学習センター」などが建設されている。

また、箕面船場阪大前駅の北側から高架構造となる。

「箕面船場阪大前駅(地下駅)」2022年5月(南から撮影)

「箕面船場阪大前駅(地下駅)」2022年5月(東から撮影)

コンクリートは歩行者デッキの橋桁と予想しています。

「箕面船場阪大前駅(地下駅)」北側2022年5月(東から撮影)

北側にも、コンクリートの構造物がある。これも歩行者デッキの橋桁と思われる。

箕面船場阪大前駅(北側)から新御堂筋を渡り西方向へ歩行者用の橋(120m)を建設する。

 

箕面船場阪大前駅(北側)2022年5月

2022年5月 新御堂筋の側道の地下に線路が建設される

2022年5月(地下から高架に切り替わる部分)

2022年5月(地下から高架に切り替わる部分)

2022年5月(地下から高架に切り替わる部分)

2022年5月(高架自体は完成している)

 

断面図

千里中央駅~箕面船場阪大前駅の間は「シールドトンネル」で、箕面船場阪大前駅は「開削トンネル」となる。

地図

error:Content is protected !!