(京ういろ)五建ういろ(京都・五条)五建外良屋

和菓子の「ういろう・ういろ」は名古屋が有名だが、博多・京都が発祥という説もある。

ういろう(外郎)という名称は、元々は「中国の官名」で、十四世紀半ばに渡来した外郎「陳宗敬」が作った薬を「ういろう」と呼んだ。

江戸末期に麦粉、米粉などから作った練り菓子が、形、色合いともにこの薬「ういろう」に似ていた事から「ういろう」はいつの間にか菓子の名前として定着した。

参照「五建外良屋HP」http://www.gokenuiro.jp/about/

  • 当初は、三角形の「ういろ」だけだったが、近年は細長い「スティックタイプ」のういろも販売している。(1本194円・6本箱入り1,166円)
  • 三角形の「水無月」は厄除けの意味がある。通常は6月のみの販売だが、ここ1年~2年は通年で販売している。

五条本店の2階の「茶房五建」では、食事もできる。

地図

建外良屋本店

店舗名五建外良屋本店
所在地京都市東山区五条橋2丁目18番
アクセス京阪五条駅より徒歩3分
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました