なにわ筋線「南海(仮称)新難波駅」準備工事に着工、難波フロントビルも解体工事中

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

2024年1月(西から撮影)

なにわ筋線「南海(仮称)新難波駅」の準備工事が始まったようだ。

 

出典 大阪市

なにわ筋線の南海(仮称)新難波駅は、現在の南海なんば駅から北西に200m~300mの場所に地下駅として建設される。

まず、阪神高速の下にあるバスターミナルの南半分で準備工事に着工している。

2024年1月(北から撮影)

2024年1月撮影

難波フロントビルの解体工事が始まっている。

南海電気鉄道株式会社は、2020年6月17日、大阪市中央区難波四丁目に所在するオフィスビル「難波フロントビル」の信託受益権を取得した。

建物の規模は、敷地面積約971㎡・地上11階建・延床面積約10,300㎡で、1992年竣工。

なにわ筋線「南海(仮称)新難波駅」の北側に位置する。

「難波フロントビル」の解体工事の注文者は「南海電気鉄道」、事業者は「大林組」で、労災保険関係成立票の期限は2025年3月31日なので、そのころに解体が完了すると予想される。

 

コメント

南海(仮称)新難波駅は、9両対応なのでホームの長さは約200mとなると予想される。

したがって、北側の出口は「近鉄大阪難波駅」近くに設置され、南側の出口は「高島屋」の前になると予想される。

ただし、現在の大阪メトロよりも深くに建設されると予想されるので、地上に出るまで3分~5分かかるかもしれない。

また、現在の南海なんば駅の南側エリアについては、アクセスが悪くなる可能性があり、「ミナミ」の中心が現在よりも北側に移動する可能性がある。

逆に、心斎橋駅~なんば駅のブランド街も、南海(仮称)新難波駅に近い南側が便利になる可能性がある。

 

なにわ筋線

出典 大阪市

なにわ筋線 事業概要

線路長 7.4km
編成車両数 6両、8両、9両
運転本数 560本/日
列車種別 JR(特急・普通)、南海(優等・普通)
走行速度 110km/h
開業目標 2031年春

 

過去写真

2018年

阪神高速の地下に南海(仮称)新難波駅が建設されると見られる。

 

南海(仮称)新難波駅の北側付近の様子

南海(仮称)新難波駅の北側には「近鉄大阪難波駅」があり、現在の南海なんば駅よりも近くなる。

 

 

 

アクセス

error: Content is protected !!