大阪市/大阪府

「ケイ・オプティコムビル」(仮称 新MID大阪京橋ビル)116m、2017年9月末竣工

2017/11/19


(旧)MID都市開発が大阪ビジネスパーク(OBP)に建設している超高層オフィスビル「ケイ・オプティコムビル (旧仮称 新MID大阪京橋ビル)」が2017年9月30日に竣工した。

スポンサーリンク

https://kansai-sanpo.com/wp-login.php?action=logout&_wpnonce=c276f4fc10

ケイ・オプティコムビル(旧仮称 新MID大阪京橋ビル)概要

  • 計画地   大阪市中央区城見2丁目
  • 敷地面積  31,869平米(ツイン21と一体申請)
  • 建築面積  2,536平米
  • 基準階面積 1,800平米
  • 延べ床面積 49,612平米
  • 階数    地上22階、地下1階
  • 高さ    116m
  • 設計・施工 竹中工務店

 

入居テナント

  • 関西電力系の通信会社ケイ・オプティコム本社が中之島ダイビル(16F~25F)から移転予定で、大阪市内に分散しているサービス拠点や枚方市樟葉のeo光テレビ放送施設を統合し、1棟借りする。
  • 移転対象事務所 中之島ダイビル本社、西天満オフィス、梅新オフィス、本町オフィス、樟葉オフィス
  • 2018年1月4日(木)から新オフィスビルで業務開始する。
  • 中之島ダイビルの基準階は約1,500平米で9フロアで約13,500平米となる。

旧パナソニック大阪京橋ビルを取り壊し、新MID大阪京橋ビル(仮称)を建設した。

旧パナソニック大阪京橋ビル 概要

  • 1974年8月竣工
  • 延床面積 1万7143平米
  • 階数 地上8階、地下1階
  • 2013年6月にMID都市開発に約61億円で譲渡された。

 

MID都市開発

MID都市開発は、2005年に経営破綻した松下興産の不動産部門で2009年に関西電力の子会社となり、2016年4月に関電不動産と合併し「関電不動産開発」となった。

ビルの名称は「ケイ・オプティコムビル」と決定した。従来の仮称は「新MID大阪京橋ビル」となっていた。

 

最先端省エネビル

高さ116m、地上22階と大きいビルではないが、最先端の省エネビルで、今後の超高層オフィスビルの参考になるかもしれない。

省エネ設備

  • 構造グレームによる日射遮蔽
  • クライマー式スクリーンによる日射遮蔽
  • ペアガラス採用
  • 簡易エアフロー空調
  • 自然換気による冷房負荷の低減
  • 照明エリア制御
  • 水蓄熱槽による非常時の雑用水転用

 

関連コンテンツ



-大阪市/大阪府

error: Content is protected !!