(大阪市北区)中之島西部地域に小中一貫校(27学級・各年3学級)2024年度開校予定

出典 大阪市(南からの完成予想図と思われる)

大阪市は中之島西地区に小中一貫校を2024年度に開校する予定。

建物の規模は、地上7階・延床面積約1.6万㎡で、設計は 大阪市都市整備局企画部公共建築課が担当する。

施工は2021年11月のWTO対象入札の結果、48億8000万円でコーナン建設・大木建設JVが評価順位1位となっている。

最終的には小学校と中学校の合計27学級(各年3学級)となる予定で、1学級40名とすると1,080名となる。

1児童(生徒)当たりの延床面積は約16㎡で、体育館や屋上の運動場などを含むとしてもゆとりのある設計と思われる。

中之島西地区小中一貫校 物件概要

名称小中一貫校(中之島西部地域)整備工事
所在地大阪市北区中之島6丁目-1
用途文教施設(学校)
敷地面積6,204.46㎡
建築面積3,254.59㎡
延床面積15,979.57㎡
階数7階
構造鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主大阪市
設計大阪市都市整備局企画部公共建築課
施工
施設運動場(地上・屋上)、体育館、プール、ピロティ、普通教室、特別教室、職員室、給食室、エレベータほか
当初整備計画18学級(全市募集1クラス含む)
総学級数27学級(小学校1学年3学級×6年=18学級 / 中学校1学年3学級×3年=9学級)
着工2022年4月1日
竣工2024年3月31日
開校2024年度

引用 建設データバンク https://www.kensetsu-databank.co.jp/kansai/osirase/detail.php?id=10071491

出典 大阪市

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました