ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2018年4月2日開業】ホテルオリエンタルエクスプレス大阪心斎橋【124室】

株式会社ホテルマネージメントジャパン(本社 東京)は、宿泊特化型の新ブランド「 ホテル オリエンタルエクスプレス 」の第1号店として、「 ホテル オリエンタルエクスプレス 大阪心斎橋 」を2018年4月2日(月)に開業した。

同社は、今後、この新ホテルブランドを京都や東京で展開する予定。
スポンサーリンク


ホテルマネージメントジャパン(東京)は、「ホテル日航アリビラ」や「オリエンタルホテル」など全国で12軒のホテルを運営するしている。

同社系列オリエンタルホテル

  • オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)
  • なんばオリエンタルホテル(大阪市中央区)
  • 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区)
  • オリエンタルホテル広島(広島市中区)

「 ホテル オリエンタルエクスプレス大阪心斎橋 」は、近隣の系列ホテルである「ホリデイ・イン大阪難波」や「なんばオリエンタルホテル」とは異なる新しい顧客層に訴求する方針。

「新しい顧客層」とは「訪日外国人」と思われる。

オリエンタルエクスプレス大阪心斎橋  物件概要

  • 所在地 大阪市中央区南船場3丁目
  • 延床面積 2,604平米
  • 階数       地上10階
  • 客室数    124室

アクセス

コメント

大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩3分、心斎橋商店街から東に約200mの立地だが、付近の道路は歩道が狭く大型のキャリーケースだとやや不便。

「オリエンタルホテル」ブランドの「高級ビジネスホテル」というカテゴリーかもしれないが、周辺の道路がややすっきりしない。

周囲には駐車場などがあり、今後、ホテルやビルが建築されると、セットバックすると思われるので、歩きやすくなるかもしれない。

心斎橋商店街は人出も多く、2018年1月1日時点の地価では梅田(JR大阪駅周辺)よりも高くなった。

  • クリサス心斎橋     1,580万円(1平米)
  • グランロント大阪  1,500万円(1平米)
  • 神戸・三宮              490万円(1平米)

「地価高いから客単価の低いビジネスは成り立たない」と思うかもしれない。

しかし、心斎橋商店街には100均一店も出店しているのだから「地価が高いから客単価の低いビジネスができない」ということはない。

2018年~2019年に心斎橋周辺には、ホテルが新築される。

日本のビジネスホテルはシングル・ルームが多いが、訪日外国人にはツインルーム、トリプル、フォースルームが人気だ。そこを読み違えるとホテルが飽和状態になる可能性がある。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!