スーパーシティ構想(2030年目標)は「第4次産業革命」の実験都市、「スーパーシティ大阪」が実現する?

2020年5月27日、「スーパーシティ構想」を実現する「改正国家戦略特区法」が成立した。

「スーパーシティ」とは2030年にも実現する「未来都市」のことで、AIやビッグデータを利用し、自動運転、ドローン輸送、オンライン遠隔医療、キャッシュレス決済など都市生活のすべてを「自動化・オンライン化」する世界最先端の都市のことで、人口の高齢化、少子化への解決策と期待されている。

さらに産業界も「第4次産業革命」と位置づけ、将来的に事業化し海外にも輸出する思惑があるとされる。

以下の10領域のうち5領域以上をカバーする
  1. 移動
  2. 物流
  3. 支払い
  4. 行政
  5. 医療・介護
  6. 教育
  7. エネルギー・水
  8. 環境・ゴミ
  9. 防犯
  10. 防災・安全

 

2種類のスーパーシティ

スーパーシティは、埋立地や大規模な再開発地に新設する「新規開発型(グリーンフィールド型)」と既存エリアを指定する「既存都市型(ブラウンフィールド型)」の2種類がある。

新規開発型(グリーンフィールド型)大阪府市・三重県多気町・鎌倉市・牧之原市・東郷町・和歌山市など
既存都市型(ブラウンフィールド型)愛知県・つくば市・京都府・東広島市・池田市・河内長野市・仙北市・千葉市・神戸市・浜松市・西条市・新城市・会津若松市・豊田市・富山市・養父市など
2025年大阪関西万博の会場となる「大阪湾岸の夢洲」も候補地とされる。
「スーパーシティ」と「スマートシティ」との違い

スマートシティはIT化された都市という程度だが、スーパーシティは「社会」を大きく変える「未来都市」という意味がある。単なるIT化に止まらず、逆にITC(情報通信技術)を活用できるように規制緩和を行い社会を変革する。

  • つまり、「IT化」を前提とした社会を実現する意味だと思う。
  • 但し、海外では「スマートシティ」とする場合も多い。

 

今後のスケジュール

2020年内に全国5か所程度を選定し、(数年後?)住民の合意が得られれば「特別措置」を整備する。

  • 閣議決定  国家戦略特区基本方針(第5条)
  • 政令改正  国家戦略特区指定(第2条第1項)
  • 総理決定  国家戦略特区区域方針(第6条)
  • 区域計画案の作成(第8条)
  • 特別措置
  • 条例による特例措置制定・規制所管省の特例措置
  • 国(各省庁)と地方の特例措置を一括処理

 

なぜ、スーパーシティを導入するのか?
  • 高齢化・少子化による労働力不足を解決するために「自動運転」などを導入し「交通インフラ」を再構築する
  • 農場に無人トラクターやドローンを導入し食料を安定確保する
  • オーバーツーリズムを解決するため、道路交通をAIで管理し交通渋滞を解消する
  • AIとドローンで道路・橋・堤防などの施設を管理する
  • 「第4次産業革命」の位置づけ技術を開発し、新たな日本の基幹産業とする

 

スーパーシティ参加企業

第4次産業革命はバラ色ではない
年代動力など
第1次産業革命18世紀半ば蒸気機関
第2次産業革命1870年~1914年電気・石油・鋼鉄
第3次産業革命1980年代デジタル化
第4次産業革命2010年代?2030年代?AI・ドローン・ブロックチェーン・仮想現実・3Dプリンタ

18世紀半ばの「(第1次)産業革命」の結果、いち早く産業革命を実現した「イギリス」が経済力と軍事力を手に入れ世界各地に植民地を持つ「超大国」となった。

その一方で「資本家」が「労働者」を搾取する時代が始まったとも言える。

 

同じことが「第4次産業革命」でも起きるのだろうか?

すべてが自動化された社会では「単純労働」はなくなるだろう。AIがビッグデータ(個人データ)を収集して、政府が個人生活をすべて記録できるようになる。

人口の1%くらい優秀な人間が、残り99%を支配する社会になるかもしれない。これが中国の狙いと思われる。

 

社会主義化するしかない

スーパーシティのように「単純労働」が無くなれば、世の中は失業者だらけになる。したがって、ベーシックインカムとして、政府が国民に毎月10万円~20万円を配る社会になるのではないか?

あるいは、週4日働いて週3日は休みになるかもしれない。

 

なぜ大阪が最有力なのか?

大阪人は好奇心が強くて新しい物好きなので「未来都市」って言われば、首長も住民も簡単に賛成してしまう。「新大阪」「新世界」「新今宮」「北新地」など大阪には「新」とつく地名が多い。

なんなら「新スーパーシティ大阪」なんていいんじゃないですか?

 

まとめ

ここまで「スーパーシティ」について批判的に書いてきた。しかし、当ブログ管理人は「スーパーシティ」導入に大賛成だ。今でも大手IT企業に個人情報を握られているのだから、今さら「日本政府」に個人情報を握られても大したことではない。

「スーパーシティ」は政府と産業界の金儲けのための「実験都市」に過ぎないという面もあるが、それでも、大阪へ誘致して「前へ進む」しかない。

中国はすでに「第4次産業革命」の入り口に突入している。今後、世界中の国家・都市で導入されるだろう。そうなったとき「大阪」だけが今まで通りという訳にはいかない。どうせ導入しないといけないのだから早めにやるべき。

ガラケーに固執して、スマートフォンを毛嫌いしては時代に遅れるばかりだ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました