カペラ京都(92室ホテル)2025年夏開業、宮川町の歌舞練場と一体整備(NTT都市開発)

カペラ京都

出典 NTT都市開発
NTT都市開発は、京都市東山区で開発を進めている「元新道小学校跡地活用計画」について、シンガポールのカペラホテルグループとホテル運営委託契約を締結した。
これにより、本計画のホテルブランドは「カペラホテルズ&リゾーツ」、ホテル名称は「カペラ京都」に決定した。

ホテルの規模は地上4階建・客室数92室、カペラホテルグループとして、日本初進出で、2025年夏の開業を予定している。

アクセスは、京阪本線「祇園四条駅」徒歩4分。

ちなみに、2025年春、「カペラホテルグループ」の新ホテルブランド「パティナ」が大阪に日本初進出する。

地図

 

カペラ京都 概要

ホテルエントランス(出典 NTT都市開発)

ホテルの客室数は92室で延床面積約15,700㎡なので、1室当たり約170㎡となる。

ロビー、廊下、レストランなどの面積を考慮しても、平均客室面積は50㎡以上と予想され、1泊1室5万円~10万円の超高級ホテルの可能性もある。
施設名カペラ京都
英語表記CAPELLA KYOTO
所在地京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町130番、125番1
京都府京都市東山区新道通団栗下る二丁目下柳町165番
敷地面積約4,014㎡ (一部地域施設を含む)
延床面積約15,729㎡ (地域施設218㎡を含む)
ホテル客室92室(予定)
構造規模地上4階、地下2階(一部地域施設を含む)
交通京阪本線「祇園四条」駅 徒歩4分
阪急電鉄京都線「京都河原町」駅 徒歩8分
事業主NTT都市開発株式会社
開業2025年夏(予定)

 

歌舞練場(出典 NTT都市開発)

地域施設(出典 NTT都市開発)

新道通(出典 NTT都市開発)

 

出典 NTT都市開発

2021年9月7日、NTT都市開発(東京)は京都市と新道自治連合会と「宮川町歌舞練場の整備」について覚書を締結した。

すでに、NTT都市開発(東京)は、京都市が実施した「元新道小学校跡地(京都市東山区)活用に係るプロポーザル」で契約候補事業者に選定され、2020年12月8日、京都市と基本協定書を締結している。

今回、新道自治連合会と覚書を締結したことで、「元新道小学校跡地(ホテル89室)」と道路を挟んで隣接する「歌舞練場」(東山女学園所有)の整備計画が進み2025年夏頃の開業を目指すこととなった。

  • 場所は、京阪電車「祇園四条駅」から南へ約500mで、世界遺産「建仁寺」にも近い。
  • 歌舞練場部分は建替え、地域施設(自治会活動用スペース)も設置する。
  • 隈研吾建築都市設計事務所監修のデザインにより、京都の街の景観と調和を図り、街へ新たな賑わいを創出する。

出典 NTT都市開発

出典 NTT都市開発

名称元新道小学校跡地開発計画
所在地京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町130番、125番1
京都市東山区新道通団栗下る二丁目下柳町165番
京都市東山区宮川筋四条下る宮川筋四丁目306番 他15筆
敷地面積6,271㎡(合計)
延床面積20,972㎡(合計)
用途ホテル(一部地域施設を含む)歌舞練場(一部地域施設を含む)
敷地面積約4,014㎡(一部地域施設を含む)約2,257㎡(一部地域施設を含む)
延床面積約15,529㎡(ホテル15,311㎡、地域施設218㎡)約5,443㎡
(歌舞練場4,036㎡、 地域施設1,407㎡)
客室数92室
階数地上4階・地下2階地上3階・地下2階
高さ12m(都市計画上の条件)
建ぺい率80%(都市計画上の条件)
容積率400%(都市計画上の条件)
構成員古瀬組(京都市)・大建設計(大阪市)
付帯施設消防分団用の設備・交流スペース
土地貸付希望期間60年
土地貸付希望価格107,910,000円(年間)地元利用等の調整による減額前の金額
基本協定書の締結2020年12月8日2021年9月7日
着工2022年春
開業2025年夏頃2025年夏頃

 

元新道小学校跡地 位置図

位置図(出典 京都市)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました