ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2019年秋開業予定】大丸心斎橋店本館建替工事【新北館2021年開業】

2019/09/14

2019年2月撮影

西側の外壁が見えるようになった。外壁の右側が工事中だが、「DAIMARU」のサインボードが設置されると思われる。

完成予想図

大丸心斎橋店は「北館」「本館」「南館」があり、現在、建替工事をしているのは「本館」で、2019年8月31日に建替工事が竣工し、2019年秋に開業する予定となっている。

総工費は380億円で、御堂筋側の外壁を保存し、セットバックした部分を高層化し、売り場面積を約30%増加させている。

(新)本館 (旧)本館
延床面積 約66,000平米 約49,000平米
売場面積 約40,000平米 約31,000平米
回数 地上11階・地下3階 地上8階・地下2階
高さ 約60m 約40m
投資額 380億円

 

2021年春「新北館」開業

2019年秋に「本館」が開業した後、「北館」(延床面積58,477.47平米 売場面積40,000平米)は一時閉店し、「本館」と「北館」の接続工事を実施し、2021年春に「新北館」として開業する予定。

「新北館(14階建)」にはパルコ(地下2階~地上7階 賃借面積約22,000平米)がテナントとして入居する予定。

また、大丸心斎橋店南館(6,490平米)は、ラオックス(5階~8階)がテナントとして入居し、訪日外国人向けに特化した売場となっている。

 

西側外壁の拡大写真

 

外壁タイルの様子

 

南面の様子

 

南面の拡大写真

南面の外壁の素材はよくわからないが、明らかに西面の素材とは違う。

スポンサーリンク


大丸心斎橋店本館 建替工事 概要

名称 大丸心斎橋店本館建替計画
所在地 大阪市中央区心斎橋筋1丁目1番他
用途 百貨店
敷地面積 10,755.72平米
建築面積 5,631.51平米
延床面積 66,562.54平米
容積率対象面積 63,910.79平米
構造 鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 地上11階・地下3階・塔屋1階
高さ 59.872m
着工 2017年1月1日
竣工 2019年8月31日

 

現地立面図を撮影(左は北館、右が本館)

北館と本館の間には道路があるが、その道路上空に建物を建設する計画となっている。阪神百貨店と同じく、特別の許可を得たようだ。

 

配置図

 

北館と本館の連結部分

 

連結部分は本館側からオーバーハングしており、柱がない。

 

 

西側正面(ファサード)

 

本館と南館

アクセス

 

2019年1月現在

 

2018年12月現在

 

2018年11月現在

道路の幅員は約8mだが、その上は「オーバーハング」になっている。以前は「北館(左)」付近に支柱があったが、すでに撤去されている。

 

道路から上方を撮影

北館(左)と隙間が空いている。

 

北館(左側)周辺には支柱がない。(写真を左右反転しています)

 

2018年8月 現在

大丸心斎橋店北館(左)、本館(右)

立面図と比較すると、目視で本館はあと1階~2階分高くなると思われる。

 

 

大丸心斎橋店本館の北側部分

外から鉄骨が見えるが、この部分で北館と連結される。

 

本館と北館の間の地上部分

配置図から判断すると、この部分が連結部分になると思われる。

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!