(天神ビッグバン第1号ビル)天神ビジネスセンター(地上19階・高さ89m・延床面積6万㎡)2021年9月竣工

出典 福岡地所

福岡市の再開発促進事業「天神ビッグバン」の認定第1号ビルとして、福岡地所が開発していたオフィスビル「天神ビジネスセンター」が2021年9月30日に完成した。

建物の規模は、地上19階・高さ89m・延床面積6.1万㎡で、基本設計は日本設計、実施設計・施工は前田建設工業が担当した。

「ジャパネットホールディングス(3フロア)」、「西日本シティ銀行(2021年11月15日)」が入居し、「NECが九州の拠点を集約して1,100人が移る(3フロア 2022年1月)」など「ほぼ満室」で開業する。

参照 読売新聞 https://www.yomiuri.co.jp/local/kyushu/feature/CO050392/20211001-OYTAT50000/

また、福岡市営地下鉄空港線「天神駅」に直結しており、JR博多駅や福岡空港まで電車1本で行けるので、九州全域や東京・大阪にもアクセスがいい。

出典 福岡地所

一般的に、一人当たりのオフィス面積は10㎡なので、ビル全体の延床面積6.1万㎡から試算すると4,000名~6,000名が勤務すると予想される。

実際、NECは3フロアで1,100名が勤務するので1フロア当たり約367名となる。オフィスは19階建ての17フロアなので、ビル全体では計算上6,239名と試算できる。

 

天神ビッグバン「天神ビッグバン」とは福岡市の再開発促進事業で、航空法に基づく高さ規制を最大115mまで、容積率を最大1400%まで緩和できる制度。

本物件も福岡空港に近く航空法により従来の高さ制限は75mだったが92mまで緩和され、容積率も1400%まで緩和されている。

福岡市の試算では、事業完了後のビルの延べ床面積は約1.7倍、雇用数は約2.4倍、経済効果は年約8500億円に上る。

2016年~2026年末(従来は2024年末)までに約30棟~40棟が建設される見通し。

また、福岡市は天神以外でも、JR博多駅周辺で「博多コネクティッド」と名付けて再開発を促しており、2028年までに20棟の建て替えを目指している。

 

天神ビジネスセンター 物件概要

名称天神ビジネスセンター
所在地福岡市中央区天神1丁目
用途オフィス店舗、駐車場等
敷地面積3,917.18㎡
建築面積3,234.55㎡
延床面積61,116.98㎡
構造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
高さ約89m
階数地上19階、塔屋2階、地下2階
建築主福岡地所
基本設計日本設計
実施設計・施工前田建設工業
竣工2021年9月30日
建築デザイン重松 象平 / OMA
インテリアデザイングエナエル・ニコラ / 株式会社キュリオシティ

位置図

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました