近畿産業信用組合新本店(18階建・高さ約78m・延床面積約1万㎡)2019年1月竣工【大阪市中央区北浜】

2018年12月撮影

近畿産業信用組合は、大阪市中央区北浜に「新本店」を建設しており、2019年1月に竣工し、2019年3月に開業した。

建物の規模は、地上18階建・高さ77.90m・延床面積は約1万㎡で、設計は大成建設、施工は大成建設・長谷工コーポレーションが担当した。

アクセスは、大阪メトロ堺筋線「北浜駅」から徒歩3分。

地図


近畿産業信用組合新本店 物件概要

名称近畿産業信用組合 新本店
所在地大阪市中央区淡路町2丁目
用途事務所
敷地面積1,134.39㎡
建築面積656.49㎡
延床面積9,858.65㎡
構造鉄骨造(一部SRC)
階数地上18階/地下1階
高さ77.90m
建築主近畿産業信用組合 新本店
設計大成建設
施工大成建設・長谷工コーポレーション
着工2017年3月31日
竣工2019年1月31日

 


 

建設予定地には、それほど高い建物はないので、高さ約78mでも、存在感のあるビルになりそうだ。

堺筋は歩道の幅が御堂筋と比べて狭く歩きにくい。しかし、本物件は歩道との境から約5.2mセットバックし、植栽も計画されているので、視覚的に歩きやすくなると思われる。

現地配置図

上の配置図に「船場建築線」と記載されている。これは、大阪市中心部の道路幅員を10m、または12m以上とする「道路境界線」で、大阪市中心部(船場地区)独特の規制。

「ダブルスキン」構造

外壁の外側に、建物全体を包み込むようにガラス(当ブログの推定)が設置される「ダブルスキン」構造となっている。

この「ダブルスキン構造」は、遮熱、遮音、自然換気等の効果があり、シンボリックな外観を演出する。

現地完成予想図を撮影

 

低層階の様子

1階部分は、ダブルスキンの「ガラス」は設置されていないようだ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました