共立メンテナンス(仮称)京都御室花伝抄(67室 高級ホテル)2025年8月竣工予定 世界遺産「仁和寺」前

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)
スポンサーリンク

「ドーミーイン」を展開する共立メンテナンスは、京都市右京区の世界遺産「仁和寺」前に、67室の高級ホテル「(仮称)京都御室花伝抄」を2023年12月に着工し、2025年8月に完成させる予定。

建物の規模は、地上3階建・延床面積約5,900㎡・客室数67室で、設計・施工は戸田建設が担当する。

客室面積は約40㎡~約88㎡で、付帯設備としてレストラン、バー、茶室、温泉、エステを設置する。

参照 京都市

位置図

地図

(仮称)京都御室花伝抄新築計画 概要

出典 京都市

名称 (仮称)京都御室花伝抄
所在地 京都市右京区御室芝橋町1-3
用途 ホテル
敷地面積 3,866.62㎡
建築面積 1,645.63㎡
延床面積 5,897.52㎡
階数 地上3階・地下1階
構造 鉄筋コンクリート造
客室数 67室
着工 2023年12月2日
竣工 2025年8月31日

 

建設予定地は「第一種居住地域」で、本来は延床面積3,000㎡以下のホテルしか建設できない。

しかし、京都市の規制緩和制度「上質宿泊施設誘致制度」が初適用され、延床面積5,800㎡のホテルが建設できるようになった。

上質宿泊施設誘致制度

タイプ コンセプト 主な要件
ラグジュアリー 和の文化体験等,上質な宿泊体験の提供
  • スイートルームの設置
  • 最低客室面積40㎡程度
  • 滞在型宿泊施設としての充実した付帯設備(プール,フィットネス,スパ,バー,レストラン等)

かつては、ガソリンスタンドとコンビニの建設計画が浮上したが、住民と仁和寺が反対していた。

error: Content is protected !!