【2019年3月19日】大阪モノレール延伸事業が認可決定【門真南から8.9km延伸】

延伸区間

大阪モノレール延伸事業

2019年3月19日、国土交省大臣は大阪モノレール延伸事業を認可(特許)し、延伸が決定した。

引用・参照 国土交通省

報道発表資料:大阪高速鉄道株式会社申請の軌道事業の特許について - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

2018年7月11日、大阪モノレールは、門真市駅から南に8.9km延伸する事業の「運輸事業特許」を申請していた。

早ければ、2019年年度に「実施設計」に着手し、2029年度の完成を目指す。

さらに2029年以降、堺市まで延伸する計画案も浮上している。

 

大阪モノレール (門真市駅の南)

スポンサーリンク


8.9km延伸計画(門真市駅~近鉄奈良線)

総事業費 1,026億円 インフラ部 740億円 支柱、桁、駅は大阪府が整備
インフラ外部 286億円 車両、信号、通信システム、駅務機器は大阪高速鉄道が担当

 

出典 大阪府

 

延伸区間の駅と接続路線

駅名 接続線
門真市駅 京阪本線
門真南駅(仮称) 地下鉄鶴見緑地線
鴻池新田駅(仮称) JR学研都市線
荒本駅(仮称) 近鉄けいはんな線
瓜生堂駅(仮称) 近鉄奈良線

 

出典 大阪府

近鉄の新駅計画

近鉄はモノレールと近鉄奈良線と接続する新駅の建設を計画している。

 

堺市までの延伸案

大阪モノレール延伸計画(出典 堺市)

2017年6月8日、「堺市、八尾市、松原市」3市は大阪府に対して「大阪モノレールを堺方面まで延伸する要望書」を提出した。

  • 近鉄奈良線と接続する「瓜生堂駅(仮称)」から、南海堺駅まで約22km延伸する計画
  • 費用は約2,000億円
  • 2029年のモノレール延伸後、さらに10年以上かかると思われる
  • これが完成すれば、大阪モノレールの総延長は大阪空港から堺市まで約50kmとなる
error: Content is protected !!