【人材派遣】パソナグループ 淡路島(人口13万人)に本社社員1,200人異動 2024年春までに

旧パソナ大阪オフィス(筆者 撮影)

人材派遣大手のパソナグループは、東京駅近くにある本社の機能を兵庫県の淡路島に分散移転する。

  • 異動対象となるのは「人事部門(給与計算、福利厚生)」と「取引先とオンラインでやり取りできる営業部門」の合計約1,200人。
  • 本社社員の約1,800人のうち約1,200人が2021年春から2024年春までに異動する。
  • すでに、南部代表や役員の半数が淡路島で勤務しており、取締役会も淡路島で開催する。
  • さらに、淡路島にDX(デジタル・トランスフォーメーション)センターを設置する。
  • 淡路島フィスは5,300㎡で、大浴場やバーを備えた社宅(140室)や寮も完備する。

 

コメント

パソナグループは1976年、大阪市北区で「テンポラリーセンター」として創業し、2000年に「パソナ」と改称している。また、2008年から淡路島西海岸で観光開発を行っている。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で「ITの普及により人々の生活がよくなる」というもの。

しかし、具体的なイメージはなかったが、2018年日本の経済産業省が「デジタル・トランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」をまとめたことから日本でも使われ出した。

パソナのDX(デジタル・トランスフォーメーション)センターが、どのような計画かは不明だが、テレワークを利用して地方創生(淡路島での人材誘致)を模索するのかもしれない。

 

BCP(Business Continuity Plan)

パソナの本社移転は、南部代表も異動しており、かなり本格的な移転と思われる。実は、BCP(事業継続計画)が本当の目的の可能性もある。

淡路島には火山がないので噴火の心配はない。地震の可能性はあるが、超高層ビルはなく、低層の耐震建築物であれば、大きな被害はないと思われる。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました