船場センタービル(SEMBA CENTER BLDG)2021年4月4日から日曜・祝日営業【大阪メトロ本町駅直結 東西1kmの商店街】

2021年4月4日から日曜・祝日営業

船場センタービルは、大阪市の中央大通拡張に伴い店舗(問屋)を高速道路の高架下に移転した商業施設で1970年に開業した。

1号館~10号館まであり、長さ1,000mで店舗数は約800店舗、延床面積は約170,000㎡で問屋が多いが、近年は小売店や飲食店も多くなっている。

  • 2021年4月4日(日)から日曜・祝日も営業する。(但し第三日曜日は休業)
  • 2020年11月、船場センタービルの愛称が「せんびる」に決定した。
号館内容(当ブログまとめ)
1号館~3号館ブランド品・輸入品
4号館~9号館繊維・衣料品の卸問屋
10号館ショピング

 

2019年9月

外壁はリニューアルされているものの、内部は昭和の感じのままだ。

しかし、今後、大阪メトロ本町駅周辺にホテルやタワーマンソンが開業しており、一般の利用者の増加が見込まれ、コロナ終息後はインバウンド消費も期待できる。

「なんば」がインバウンド客で復活したように、インバウンド消費を取り込めば人気エリアになる可能性もある。

ただ、個人商店が多く外国人対応できるかという課題もある。

 

船場センタービル 物件概要
施設名船場センタービル
所在地大阪市中央区船場中央2丁目
建築面積31,248.35㎡(1号館~10号館)
延床面積170,324.94㎡(1号館~10号館)
階数地上3階・地下4階
竣工1970年2月

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました