【twitter】1ツイートで100,000インプレッションを実現する方法【ツイッターSNS】

インプレッションとは?

ツイッターのインプレッションとは、他のユーザーさんのタイムラインに表示された回数を意味する。

通常であれば、インプレッションはフォロワー人数の2倍~3倍くらい。例えばフォロワーさんが1,000人ならばインプレッションは2,000~3,000回となる。

 

インプレッション100,000回

実はツイッターユーザーの80%はフォロワーさんの人数1,000人以下で中央値は200人~300人と推定される。

したがって、インプレッションも400回~900回くらいだが、1ツイートでインプレッションが100,000回以上になったので、そのテクニックを簡単に書いてみます。

テーマは「新型コロナウイルス」で、そもそも、インプレションが多くなる傾向になるのですが、それでも100,000回というのはかなり多いと思う。

芸能人であれば「今 起きた」だけでインプレション100万回も可能だが、一般人はそんなことを書いてもインプレッションは増加しない。

今までは、思いついたことをそのまま書いていたが、100,000回のときは下書きして1分くらい読み直して推敲した。

簡単なことだが、これだけで140字という短い文章のクオリティが「ちょっと」だけ上がってインプレッションが増加したのだと思う。

この「ちょっと」が極めて重要だと思う。

 

インフルエンサーに絡む

フォロワーさんが10万人以上のインフルエンサーさんにリツートすると、数千回のインプレッションとなることがあるが、それだけでは10万回はなかなか実現できない。

やっぱり、タイムリーな話題とユーザーさんの興味が一致しないと10万回インプレッションにはならない。

それにしても、一般人が1ツイートしただけで10万人以上ユーザーに見られるってすごい時代になったと思う。

ほとんど偶然に10万回インプレッションを実現したが、世の中にいい影響を与えられればいいと思う。

 

後日談

数日後には3ツイートが10万インプレッションを超え、合計33万インプレッションになってました。

error: Content is protected !!