大阪駅(うめきた2期)ヒルトンの最上級「ウォルドーフ・アストリア」2025年大阪・関西万博前に開業へ

 

米ホテル大手のヒルトンが、JR大阪駅前の開発区域(うめきた2期)に最上級の「ウォルドーフ・アストリア(WALDORF ASTORIA)」ブランドのホテルを開業する方向で計画しており、早ければ2025年の大阪・関西万博開幕前に開業する予定。

当ブログの予想では「うめきた2期(南街区)」の地上39階建、高さ182m・延床面積32万㎡の超高層ビルの「2F・28F~38F」に入居すると思われる。(上図の後ろの最も高いビル)

また客室数は200室~250室、ホテルの延床面積33,515.67㎡で、東京の「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋(197室)延床面積32,000㎡」よりも規模がやや大きい。

ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア」としては、東京の「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋(197室)」が2026年に開業予定なので、大阪の「ウォルドーフ・アストリア」が2025年の万博前に開業すると日本初開業となる。

 

(うめきた2期「南街区」に進出と予想される)

「ウォルドーフ・アストリア」大阪 概要

ホテルブランドウォルドーフ・アストリア
英語WALDORF ASTORIA
所在地大阪市北区大深町
入居ビル「うめきた2期(南街区)」の39階建・高さ182m・延床面積32万㎡の超高層ビル
階数2F・28F~38F
客室数200室~250室
延床面積33,515.67㎡
開業2025年4月の大阪・関西万博開幕前

上図の「スーパーラグジュアリーホテル」の位置と予想される。

 

上図の中央の高いビルと予想される。

 

うめきた2期 物件概要

計画地大阪市北区大深町
地区面積91,150㎡(都市公園45,000㎡を含む)
都市公園45,000㎡
民地敷地面積46,150㎡
延床面積556,450㎡
棟数5棟(南街区賃貸棟「西棟・東棟」・南街区分譲棟・北街区賃貸棟・北街区分譲棟)
階数39階建・28階建・51階建・26階建・47階建

 

出典(三菱地所)

 

大阪のヒルトン系ホテル

コンラッド大阪


エリア大阪・中之島
店舗名コンラッド大阪
所在地大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウェスト
客室数164室
開業2017年
アクセス大阪メトロ「肥後橋駅」直結

 

ヒルトン大阪


エリア大阪駅
店舗名ヒルトン大阪
所在地大阪市北区梅田1丁目8-8
客室数562室
開業1986年
アクセスJR「大阪駅」徒歩2分

 

ダブルツリーbyヒルトン大阪城

名称ダブルツリーbyヒルトン大阪城
所在地大阪市中央区大手前一丁目1番1・1番2・1番3・1番4
ホテル延床面積21,089㎡
客室数377室
フロア6階~20階
付帯施設レストラン・カフェバーやロビーラウンジなどの料飲施設、フィットネス・プール、エグゼクティブラウンジ、宴会・会議室4施設
開業2024年春
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました