ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)【ライト建築】世界遺産の追加登録候補

2010年撮影

ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)は、灘五郷の造り酒屋・櫻正宗の八代目当主「山邑太左衛門」の別邸としてアメリカの建築家「フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)」(1867年~1959年)が設計し、1924年に完成、その後、1947年から淀川製鋼所の所有となった。

1974年には国の重要文化財に指定されている。

2019年のユネスコ世界遺産委員会で、米国内の「ライト建築群」が世界文化遺産に登録されることが決定した。

登録されたのは「落水荘(カウフマン邸)1936年竣工」「グッケンハイム美術館(NY)1959年竣工」など米国内の8件のみで、ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)は「追加登録候補」となっているものの、2020年時点で世界文化遺産には登録はされていない。

今後、世界文化遺産に登録される可能性もある。

ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)概要

 

施設名ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)
所在地兵庫県芦屋市山手町3-10
開館時間土・日・水 10:00~16:00(入館は15:30まで)
入館料500円(大人)・200円(小・中・高校生)
アクセス阪急芦屋川駅から北へ徒歩10分(坂道)
設計遠藤新建築創作所
施工女良工務店
竣工1924年
敷地面積5,228.1㎡
建築面積359.1㎡
延床面積542.4㎡
構造鉄筋コンクリート造
階数地上4階建

 

室内の様子

西洋建築の特徴であるシンメトリー(左右対称)のデザイン

リニューアル前

旧帝国ホテル(明治村 岐阜県)ライト設計

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)が設計した「旧帝国ホテル」とは、大谷石を使用するなど共通点も多い。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました