ヒルトン沖縄宮古島リゾート(329室)2023年6月開業【 伊良部大橋近く トゥリバー地区】

出典(三菱地所、鹿島建設、ヒルトン)

三菱地所、鹿島建設、ヒルトンは沖縄県宮古島市に「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」を2023年6月に開業する。

ホテルの規模は、地上8階・329室・延床面積約28,000㎡で、三菱地所と鹿島建設が開発・建設し、ヒルトン沖縄宮古島リゾートがホテル運営を担当する。

沖縄県本島以外の離島で初めてのヒルトンブランドホテルとなる。

場所は沖縄県宮古島市の伊良部大橋の近くで宮古空港から7km(車で15分)、下地島空港から13km(車で25分)の「トゥリバー地区」で、宮古島の市街地・平良港にも近い。

 

宮古島トゥリバー地区(ANA機から筆者撮影)

飛行機からの写真では、宮古島とは幅の狭い水路で隔てられているように見える。

よりプライベート感のあるリゾート地になると予想される。

地図

 

ヒルトン沖縄宮古島リゾート 概要

出典 三菱地所、鹿島建設、ヒルトン

施設名ヒルトン沖縄宮古島リゾート
所在地(地番)沖縄県宮古島市平良字久貝アゲタ550-7
敷地面積53,909㎡
ホテル棟建築面積6,478.77㎡
ホテル棟延床面積28,368.43㎡
階数地上8階
高さ38.82m
客室数329室
建築主三菱地所・鹿島建設
ホテル運営ヒルトン沖縄宮古島リゾート
設計鹿島建設
設計監修観光企画設計社
内装デザインWimberly Interiors
ランドスケープデザインWATG、ランドスケープデザイン
コンストラクションマネジメント三菱地所設計
施工鹿島・國場・大米特定建設工事共同企業体
着工2021年2月28日
竣工2023年2月末
開業2023年6月

 

宮古島トゥリバー地区(出典 三菱地所、鹿島建設、ヒルトン)

 

エントランス空間(出典 三菱地所、鹿島建設、ヒルトン)

オールデイダイニング(出典 三菱地所、鹿島建設、ヒルトン)

付帯施設

  • オールデイダイニング
  • シグネチャーレストラン
  • ロビーバー
  • ルーフトップバー
  • エグゼクティブラウンジ
  • ミーティングルーム
  • ボールルーム(宴会場)200㎡超
  • フィットネスルーム
  • スパ
  • キッズルーム
  • 屋内プール
  • 屋外プール(ファミリー向け、キッズ向け、静寂を好む大人向けの3つ)
  • プールバー
  • ウェディングチャペル

 

三菱地所は2017年3月にトゥリバー地区の土地約130,000㎡を30億円で購入しており、うち約54,000㎡が「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の敷地となる。

道路面積を考慮してもほぼ同規模の宿泊施設をもう1棟建設することができる。

2020年7月1日、沖縄本島北部に「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」のホテル棟が開業し、2021年にタイムシェア・リゾート棟が開業する。

当ブログの予想では、本件ホテル以外に、同規模の「長期滞在用施設」が建設される可能性があると思う。

また、ホテルに隣接して4階建て約200室の社員寮も建設する。

 

みやこ下地島空港ターミナル

三菱地所は沖縄県宮古島本島と伊良部大橋で接続されている「下地島」の「みやこ下地島空港ターミナル」を2019年3月に開業・運営しており、「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」を建設・開発することで相乗効果が期待できる。

名称みやこ下地島空港ターミナル
所在地沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1727番地
階数1階
構造RC造+CLT造
敷地面積32,586㎡
施設面積12,027㎡
開業日2019年3月30日
施工者株式会社國場組・株式会社大米建設/特定建設工事共同企業体(CLT工事:山佐木材株式会社)
設計者株式会社日建設計
インテリアデザイン株式会社乃村工藝社A.N.D

 

宮古空港及び下地島空港の就航路線

国内線

羽田空港、成田空港、関西空港、神戸空港、那覇空港、

国際線

香港空港

error:Content is protected !!