神戸市営地下鉄「海岸線」2021年7月7日で20周年、しかし地下鉄全体で2020年度は-55億円の赤字予想で将来的には運賃値上げか?

神戸市営地下鉄海岸線(延長7.9km)は2001年に開業し、2021年7月7日に20周年を迎える。

しかし、開業以来、赤字経営で、地下鉄西神・山手線(延長22.7km)の黒字(+49億円 2019年)で海岸線の赤字(-33億円 2019年)を補填する状態が続いていた。

 

出典 神戸市

地下鉄2路線の合計で+15億円の黒字だったが、2020年度は新型コロナの影響で2路線合計で-55億円の赤字になると予想されている。

つまり、従来の西神・山手線の黒字で海岸線の赤字を補填することができなくなったのだ。

しかも、この2路線赤字は2020年度の単年度だけではなく、2021年度も-41億円の赤字予想、2022年度も-46億円の赤字予想となっている。

2032年度にやっと2路線合計で1億円の黒字になると予想されている。

今後10年間は神戸市営地下鉄の経営が赤字が続き、運賃の値上げとサービスの低下が懸念される。

 

神戸市営地下鉄海岸線 概要
  • 開業    2001年
  • 延長    7.9km
  • 区間    「三宮・花時計前駅」~「新長田駅」
  • 単年度損益 -33億円の赤字(2019年)
  • 総事業費  2,350億円(297億円/km)
  • 累積赤字  -732億円
  • 乗車人員  51,352人/日(敬老福祉パスを含む)
  • 敬老福祉パス負担金 1億2000万円

出典 兵庫県

当初の構想では、地下鉄海岸線は新長田と復興住宅のあるHAT神戸を結ぶ計画だったと言われる。そのため、JR「三ノ宮駅」から離れた「神戸市役所」前に駅が設置されたと言われる。

HAT神戸(東部副都心)概要

  • 所在地   神戸市中央区東部及び灘区西部
  • 面積    120ha
  • 計画人口  3万人(1万戸)
  • 計画勤務者 4万人
  • 着工    1996年
  • 供用開始  1998年
  • Happy Active Townの略称「HAT」

 

神戸市営地下鉄西神・山手線 概要
  • 開業    1977年
  • 延長    22.7km
  • 区間    「新神戸駅」~「西神中央駅」
  • 単年度損益 +49億円の黒字(2019年)
  • 累積黒字  +302億円
  • 乗車人員  260,567人/日(敬老福祉パスを含む)
  • 敬老福祉パス負担金 8億2000万円

地下鉄2路線の敬老福祉パス負担金は合計9億4000万円になる。当ブログの解釈では、神戸市が税金で負担していると思われ、実質的に地下鉄への「補助金」ではないか?

 

地下鉄海岸線の赤字解消のために、新に合同庁舎建設か?

2019年6月末撮影

兵庫県と神戸市の「新長田合同庁舎」の建設工事が2019年6月末に竣工した。

兵庫県、神戸市、外郭団体職員の合計約1,050人(兵庫県280人・神戸市770人)が勤務する。

JR新長田駅、神戸市営地下鉄新長田駅から徒歩10分くらい。最寄り駅の神戸市営地下鉄海岸線「駒ヶ林駅」前の立地。

 

新長田合同庁舎 物件概要

名称新長田合同庁舎
所在地神戸市長田区二葉町5丁目
敷地面積約3,820㎡
建築面積約2,800㎡
延床面積約19,500㎡
構造鉄骨造
階数地上9階(執務室8階+塔屋1階)
高さ約39m
総事業費約90億円
整備主体兵庫県・神戸市・神戸すまいまちづくり公社
着工予定2017年11月
竣工予定2019年6月末

なぜ、JR線からもアクセスできる便利な「新長田駅前」ではなく、地下鉄海岸線で1駅南の「駒ヶ林駅」前に建設したのか?

それは「新長田南地区」の活性化のためと、地下鉄海岸線の利用者を増加させるためだと思われる。

そのために、敢えて不便な場所に90億円もかけて「合同庁舎」を建設したとのではないかと思う。

つまり、兵庫県と神戸市は「合同庁舎」を建設し、「地下鉄海岸線」の利用者を増加させようとしているのではないか?

 

県立兵庫津ミュージアム
出典 兵庫県
兵庫県は地下鉄海岸線「中央市場前駅」近くの「イオンモール神戸南」の隣接地に県立兵庫津ミュージアム(入場無料・一部有料)を2021年秋~2022年下期にかけ開館する予定。
これも、地下鉄海岸線の利用者を増加させる目的で建設するのではないか?
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました