中央倉庫 梅小路プロジェクト(ホテル180室)2022年2月開業( 延床面積1万2500平米)

完成予想図(出典 中央倉庫)

中央倉庫は、JR梅小路京都西駅に隣接する180室(延床面積12,500㎡)のホテルを2022年1月に開業する。

ホテルは「ドーミーインホテル」を展開する共立メンテナンスが運営する。

設計・施工は戸田建設が担当する。

 

2019年12月(左にJR梅小路京都西駅がある)

 

計画の概要

 

ホテル建設予定地に隣接する土地に「賑わい施設(2階建商業施設)」を建設し、ホテルと一体で賃貸する予定。

 

七条通から東側を撮影

中央倉庫 梅小路プロジェクト概要

名称中央倉庫 梅小路プロジェクト
所在地京都市下京区朱雀内畑町41番・7番3・40番の各一部
用途ホテル
敷地面積4,520.59㎡
建築面積2,520.81㎡
延床面積12,245.76㎡
容積対象外964.47㎡
客室数180室
階数地上6階・地下1階
構造鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
高さ19.95m(塔屋と含む 22.95m)
建築主中央倉庫
設計戸田建設
施工戸田建設
着工予定2020年3月1日
竣工予定2022年1月

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました